施肥法による動物プランクトン出現動向およびウグイ仔魚放養時期の検討

施肥法による動物プランクトン出現動向およびウグイ仔魚放養時期の検討

レコードナンバー890378論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名新関 晃司
渡邉 昌人
泉 茂彦
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ62巻・ 4号, p.445-452(2014-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (4523KB) 
抄録発酵鶏糞施肥によるウグイ種苗生産池において動物プランクトン調査を湛水後38日間(2013年6月12日~7月19日)実施した。調査は野外の4池で行い,2池には湛水後14日に仔魚(各152,153千尾)を放養し,残り2池は対照池とした。動物プランクトンは合計15種出現し,全ての池でタマミジンコが多く,対照池ではツボワムシ属やケンミジンコ目が多かった。仔魚放養前はタマミジンコが優占し,最も多い池で最高1,801個体/100mlが確認され(湛水後9日目),100個体/100ml以上の状態が9日間維持された(湛水後8~16日目)。仔魚放養後はタマミジンコ数が急減したので,ウグイが捕食したと考えられた。一方,対照池ではタマミジンコ密度が長期間維持された。ウグイ稚魚取上時の生残率(96%,51%)は,配合飼料給餌以前のタマミジンコ密度が高く,出現期間が長い池で高かった。種苗生産の初期生残向上には,仔魚放養時のタマミジンコ出現動向の確認が重要であると考えられた。
索引語池;仔魚;ミジンコ;湛水;動物プランクトン;動向;出現;目;対照池;確認
引用文献数15
登録日2015年03月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat