中部地方での田畑輪換圃場のイネ刈跡における帰化アサガオ類の発生と成長

中部地方での田畑輪換圃場のイネ刈跡における帰化アサガオ類の発生と成長

レコードナンバー890387論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015078NACSIS書誌IDAN00097258
著者名徐 錫元
書誌名雑草研究
別誌名日本雑草学会会報
Journal of weed science and technology
Weed research
発行元日本雑草防除研究会
巻号,ページ59巻・ 4号, p.204-209(2014-12)ISSN0372798X
全文表示PDFファイル (1283KB) 
抄録前年作のダイズ栽培時に帰化アサガオ類が多発した中部地方の田畑輪換圃場において,水稲栽培後の刈跡での帰化アサガオ類の発生と成長について調査した。イネ刈跡ではホシアサガオ,アメリカアサガオ,マルバアメリカアサガオ,マメアサガオおよびマルバルコウが発生した。それらの発生は稲刈りが8月下旬から9月上旬に行われた刈跡では多かったが,9月下旬から10月上旬に行われた刈跡ではほとんど見られなかった。マルバルコウの発生深度は平均0.5cmであった。9月4日に稲刈りが行われた2つの刈跡では,9月中旬にはアメリカアサガオ,マルバアメリカアサガオ,マメアサガオ,ホシアサガオが発生し,草高が15cm前後で開花を開始した。ホシアサガオを除く3種では,成熟種子と未成熟種子が形成された。以上の結果,水稲栽培に伴う1シーズンの湛水条件では,土中の帰化アサガオ類の種子を完全に死滅させることはできないことが示された。
索引語発生;帰化アサガオ類;刈跡;中部地方;田畑輪換圃場;ホシアサガオ;成長;イネ刈跡;アメリカアサガオ;マメアサガオ
引用文献数13
登録日2015年03月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat