食品中のイネ科原材料判別のための科特異的プライマーの構築とその利用

食品中のイネ科原材料判別のための科特異的プライマーの構築とその利用

レコードナンバー890406論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名入澤 友啓
野口 治子
辻井 良政
内野 昌孝
高野 克己
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ40巻・ 6号, p.285-290(2014-11)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (1615KB) 
抄録本研究ではPCR-DGGE法を応用し,複数のイネ科原材料を同時に検出する方法の確立を試みた。まずはイネ科植物を特異的に検出する標的遺伝子としてmatK遺伝子を選択し,matK 792F1GCとmatK 979R1のプライマー構築した。さらにDGGE法を用いることにより,6種イネ科原材料を一度に判別すことができることがわかった。さらに加工食品からもイネ科原材料の検出が可能であり,コムギであれば0.1%まで検出できることがわかった。
索引語検出;イネ科原材料;DGGE法;PCR;イネ科原材料判別;科特異的プライマー;構築;利用;応用;方法
引用文献数7
登録日2015年03月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat