寒冷地での夏どりネギ栽培に向けた無加温ビニルハウスにおけるセルトレー育苗条件が生育と収量に及ぼす影響

寒冷地での夏どりネギ栽培に向けた無加温ビニルハウスにおけるセルトレー育苗条件が生育と収量に及ぼす影響

レコードナンバー890472論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名本庄 求
武田 悟
片平 光彦
屋代 幹雄
進藤 勇人
齋藤 雅憲
吉田 康徳
高橋 春實
金田 吉弘
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ14巻・ 1号, p.25-35(2015-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (2522KB) 
抄録寒冷地で7月から収穫するネギの夏どりの作型(以下,7月どり)の開発に資するため,晩抽性の‘羽緑一本太’と耐暑性の‘夏扇パワー’を用いて無加温ビニルハウスの越冬育苗における播種期(9月1日(以下,9/1),9/16,10/1,10/15および11/4),セルトレーの規格(128穴と200穴)および1穴当たりの株数(1本と2本)の違いが苗の生育と収量に及ぼす影響を検討した。両品種とも,10/1以降の播種では播種期が早いほど,セルトレーの規格では200穴より128穴で,1穴当たりの株数では2本より1本で苗の生育が優れた。重回帰分析の結果,播種期は育苗中の生育に最も作用する正の要因であり,剪葉は2番目に作用する負の要因であった。そのため,播種期が早くても剪葉があれば苗の生育が劣る場合が認められた。7月どりに向けて,育苗中に剪葉が不要で,定植期に花芽が未分化であることを第1基準とし,定植期の葉鞘径が概ね6mm以上であることを第2基準として実用性を判定した。その結果,実用性ありと判定した播種期,セルトレーの規格,1穴当たりの株数の組み合わせは,‘羽緑一本太’の場合,10/1・128穴・2本,10/1・200穴・1本,10/15・128穴・1本,10/15・128穴・2本および10/15・200穴・1本の5組であり,‘夏扇パワー’の場合,10/15・128穴・1本,10/15・128穴・2本および10/15・200穴・1本の3組であった。これらの苗の収量は‘羽緑一本太’の10/15・128穴・1本を除き,目標とした300kg・a-1を超えた。
索引語播種期;生育;剪葉;苗;収量;7月どり;規格;株数;セルトレー;羽緑一本太
引用文献数31
登録日2015年04月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat