加工時のゼオライト処理による梅漬け中の放射性セシウム含量の低減

加工時のゼオライト処理による梅漬け中の放射性セシウム含量の低減

レコードナンバー890477論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名関澤 春仁
丹治 克男
吉岡 邦雄
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ14巻・ 1号, p.69-74(2015-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (2032KB) 
抄録食品添加物として指定されるゼオライトは陽イオン交換能を有し,放射性セシウムを吸着することが知られている。本研究で梅漬け加工時のゼオライト処理による放射性セシウムの低減効果を調べた結果,梅漬けの果肉中の放射性セシウムはゼオライトを添加することにより低減した。ゼオライトを添加しなかった場合の梅漬けの果肉の放射性セシウム濃度を100%とすると,ゼオライトを10%添加した場合の放射性セシウム濃度は55%になり,ゼオライトを20%添加した場合は54%になった。一方,造粒ゼオライトを10%添加した場合は放射性セシウムが74%になった。さらに,塩水を用いて加工した場合,10%のゼオライトを添加することにより放射性セシウム濃度は31%に低減した。
索引語ゼオライト;添加;放射性セシウム;低減;放射性セシウム濃度;ゼオライト処理;梅漬け;用いて加工;放射性セシウム含量;果肉
引用文献数16
登録日2015年04月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat