キンセンカ属の種間雑種植物の育成とその複二倍体植物の作出

キンセンカ属の種間雑種植物の育成とその複二倍体植物の作出

レコードナンバー890509論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20034196NACSIS書誌IDAA12406981
著者名宇次原 清尚
木村 裕子
書誌名岐阜県農業技術センター研究報告
別誌名岐阜農技セ報
発行元岐阜県農業技術センター
巻号,ページ9号, p.1-5(2009-03)ISSN18829104
全文表示PDFファイル (4248KB) 
抄録日本でキンセンカとして花壇や切り花用として普通に栽培されているCalendula officinalisとホンキンセンカと呼ばれるC. arvensisの種間雑種植物を得ることができた。この種間雑種植物は、核DNA相対値が両種のほぼ中間となり、不稔であった。また、花の大きさも中間の大きさを示した。この雑種植物を0.1%のコルヒチン処理することにより複二倍体植物を作出した。
索引語複二倍体植物;種間雑種植物;作出;キンセンカ属;キンセンカ;中間;Calendula;C. arvensis;不稔;花の大きさ
登録日2015年04月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat