宮城県におけるイカナゴ漁業の全国位置と課題

宮城県におけるイカナゴ漁業の全国位置と課題

レコードナンバー890527論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005892NACSIS書誌IDAN10474880
著者名永島 宏
書誌名宮城県水産研究開発センター研究報告
発行元宮城県水産研究開発センター
巻号,ページ16号, p.3-19(2000-02)ISSN13402595
全文表示PDFファイル (4754KB) 
抄録1 宮城県は全国イカナゴ漁獲量10万トンの約1割を水揚している(全国3位)。養殖餌料に使用される冷凍加工向け成魚(メロード)約1千トンと,煮干加工向け2千5百トン・冷凍加工向け7千5百トン計1万トンの当歳魚(コウナゴ)を漁獲し,県内で煮干加工製品約7百トン(全国3位),冷凍加工品7千5百トン(全国2位)を生産して,全国に出荷している。また,近年では原魚の一部を隣県へ出荷している。2 冷凍加工品生産については,全国主要産地の北海道よりも3ヶ月早く盛期となり,冷凍加工原魚産地価格形成の先鞭を切る。3 冷凍加工仕向原魚の産地価格は漁期を通じて安定している。1988年から1997年までの10年間では,全国イカナゴ価格形成にはマイワシの在庫・価格動向が影響を与えていた。4 今後は生産者の自主的組織のなかで,資源調査に基づく漁獲量の決定・市場条件に対応する出荷量の決定・出荷調整機構の確立等を実現させていくことが必要である。
索引語宮城県;出荷;決定;メロード;コウナゴ;イカナゴ漁業;全国位置;課題;全国;漁獲
引用文献数14
登録日2015年04月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat