鮫の浦湾におけるマボヤ浮遊幼生の分布動態

鮫の浦湾におけるマボヤ浮遊幼生の分布動態

レコードナンバー890535論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005892NACSIS書誌IDAN10474880
著者名佐々木 良
書誌名宮城県水産研究開発センター研究報告
発行元宮城県水産研究開発センター
巻号,ページ16号, p.71-83(2000-02)ISSN13402595
全文表示PDFファイル (13432KB) 
抄録マボヤ養殖生産量の多い鮫の浦湾において1992年~1996年にマボヤ受精卵,浮遊幼生の分布動態を調査した。表面水温,植物プランクトン沈澱量より大量産卵開始時の環境条件として平均水温は11.3℃であること,産卵開始時にはChaetoceros debilisなど植物プランクトンの増殖現象が各年とも付随することが認められた。湾内におけるマボヤ受精直後卵,尾芽胚期卵,Tadpole浮遊幼生の水平分布を観測した。卵の分布は湾口北部域,幼生分布は湾奥南部域にそれぞれ中心が認められたが,各年によりその分布位置は異なる傾向を示した。湾奥~湾口でポンプ採水による尾芽胚期卵,Tadpole浮遊幼生の鉛直分布を調査した。受精直後卵,尾芽胚期卵の分布は表層~底層,Tadpole浮遊幼生はその地点の中層に蝟集分布が認められた。また,カキ殻コレクターを設置し,Tadpole浮遊幼生の付着状況を調査した。マボヤ付着稚仔量は浮遊幼生の水平・鉛直的な分布動態を反映し湾奥から湾中央域の中層水深帯に多く認められた。
索引語Tadpole浮遊幼生;分布動態;各年;調査;尾芽胚期卵;分布;鮫;浦湾;浮遊幼生;湾奥
引用文献数18
登録日2015年04月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat