トウモロコシ二期作栽培の品種比較試験

トウモロコシ二期作栽培の品種比較試験

レコードナンバー890613論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20527766NACSIS書誌IDAA12695313
論文副題播種時期・品種・耕種方法の検討
著者名横石 和也
白田 英樹
書誌名徳島県立農林水産総合技術支援センター畜産研究課研究報告 = Bulletin of Tokushima Prefectural Agriculture, Forestry and Fisheries Technology Support Center Livestock Research Division
別誌名徳島県畜産研究課研究報告
Bull. Tokushima. Pref. Lives. Res. Div.
徳島畜研報
発行元徳島県立農林水産総合技術支援センター畜産研究課
巻号,ページ13号, p.46-49(2014-03)ISSN21886083
全文表示PDFファイル (21244KB) 
抄録トウモロコシ二期作栽培において、一作目は播種時期を3期(3/26、4/5、4/15)、6品種について、二作目は播種時期を2期(7/29、8/5)、6品種、耕種方法について試験した。その結果、一作目は播種時期が早いほど登熟が進み乾物率が高まる傾向で、「LG3520」の乾物収量がどの播種期においても高かった。一方で、RM115クラスの品種は、播種期が早いほど苗立率が低くなる傾向が認められた。二作目は6品種全てで、7/29播種試験区が8/5播種試験区よりも乾物収量が高い傾向が認められた。また、不耕起播種試験区の乾物収量は、慣行の耕起試験区と比較して6品種とも同程度であった。最も乾物収量が高かったのは、何れの試験区においても、極晩生品種の「P3577」だった。
索引語乾物収量;播種期;傾向;品種;トウモロコシ二期作栽培;耕種方法;一作目;二作目;不耕起播種試験区;何れ
引用文献数7
登録日2015年04月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat