ウメ‘南高’における窒素施用量の違いが果実の熟度と機能性成分含量および梅酒品質に及ぼす影響

ウメ‘南高’における窒素施用量の違いが果実の熟度と機能性成分含量および梅酒品質に及ぼす影響

レコードナンバー890642論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20501027NACSIS書誌IDAA12610092
著者名城村 徳明
岡室 美絵子
大江 孝明
書誌名和歌山県農林水産試験研究機関研究報告
別誌名和歌山農林水研報
発行元和歌山県農林水産部
巻号,ページ2号, p.105-114(2014-03)ISSN21875634
全文表示PDFファイル (2190KB) 
抄録7~10年生の‘南高’樹を用いて,実肥窒素施用量の違いと元肥窒素無施用が果実の熟度と機能性成分含量および梅酒品質に及ぼす影響について4年間調査した。1. 果実の熟度は,実肥の窒素を無施用にしても標準施用および多施用と変わらず,収穫期を早めることはできなかった。また,果実の機能性成分含量や梅酒品質にも影響を及ぼさなかった。2. 土壌の理化学性は,実肥の窒素を多施用にすると,無機態窒素含有量が増加するととも交換性塩基類が減少し土壌pHが低くなった。一方,無施用にすると交換性塩基類と土壌pHが高まった。3. 実肥の窒素を多施用にすると着果率の向上は認められなかったが,樹容積の拡大が旺盛となり収量が増加した。また,貯蔵養分も増加傾向であった。
索引語実肥;窒素;果実;熟度;機能性成分含量;梅酒品質;影響;無施用;土壌pH;多施用
引用文献数13
登録日2015年04月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat