ELISAによる犬の血漿N末端プロ心房性ナトリウム利尿ペプチド濃度測定

ELISAによる犬の血漿N末端プロ心房性ナトリウム利尿ペプチド濃度測定

レコードナンバー890707論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名西飯 直仁
高島 諭
松原 達也
小島 正章
星野 恵美
蜂巣 達之
北川 均
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ68巻・ 1号, p.68-72(2015-01)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (716KB) 
抄録犬の血漿N末端プロ心房性ナトリウム利尿ペプチド(NT-proANP)濃度測定ELISAキットの測定精度を評価するとともに,正常犬23頭,僧帽弁閉鎖不全症(MR)の犬30頭,フィラリア症の犬4頭において血漿NT-proANP濃度を測定した。同時再現性及び日差再現性試験における変動係数はそれぞれ2.0~2.5%及び0.4~2.6%であり,添加回収試験での回収率は98~103%であった。希釈により良好な直線性が得られた。血漿NT-proANP濃度は,MRの犬(426.9±225.7pg/ml)及びフィラリア症の犬(753.3±321.7pg/ml)では,正常犬(73.9±22.4pg/ml)と比べて有意に高値であった。本NT-proANP濃度測定系は犬の心疾患の診断に有用である可能性がある。
索引語犬;ELISA;proANP濃度;フィラリア症;血漿NT;MR;血漿N末端プロ心房性ナトリウム利尿ペプチド濃度測定;NT;測定;正常犬
引用文献数24
登録日2015年05月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat