大分県の夏秋ピーマンにおけるミカンキイロアザミウマ個体群の薬剤殺虫効果とスピノサド感受性低下個体群の初確認

大分県の夏秋ピーマンにおけるミカンキイロアザミウマ個体群の薬剤殺虫効果とスピノサド感受性低下個体群の初確認

レコードナンバー890830論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014779NACSIS書誌IDAN00055757
著者名岡崎 真一郎
大坪 亮介
加藤 幸太郎
書誌名九州病害虫研究会報
別誌名Proceeding of the Association for Plant Protection of Kyushu
発行元九州病害虫研究会
巻号,ページ60巻・ p.79-83(2014-11)ISSN03856410
外部リンク
全文表示PDFファイル (1679KB) 
抄録大分県内のピーマンほ場で採集したミカンキイロアザミウマ5個体群に対して,主要な24薬剤の殺虫効果を評価した。全個体群に対して殺虫効果が高かったのは,有機リン系のプロチオホスおよびDMTP,フェニルピラゾール系のフィプロニル,METIのトルフェンピラド,グループUN(作用機構が未特定)のピリダリルであった。個体群間で差異があったのは,有機リン系のアセフェート,マラソンおよびMEP,スピノシン系のスピノサドおよびスピネトラム,アベルメクチン系のエマメクチン安息香酸塩,ピロール系のクロルフェナピル,ベンゾイル尿素系のノバルロンおよびルフェヌロンであった。スピノサドに対するLC50値は,殺虫効果の低かった2個体群ではそれぞれ323.0ppm,166.3ppm,感受性比はそれぞれ65.9,33.9と感受性低下が本邦で初確認された。スピノサドに対して感受性低下した個体群は,いずれもスピネトラムに対する殺虫効果が低く,両剤の間において交差抵抗性が示唆された。
索引語スピノサド;殺虫効果;初確認;有機リン系;感受性低下;プロチオホス;フェニルピラゾール系;METI;トルフェンピラド;ピリダリル
引用文献数19
登録日2015年05月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat