常温保存下における照射レトルト牛丼中2-アルキルシクロブタノンの安定性について

常温保存下における照射レトルト牛丼中2-アルキルシクロブタノンの安定性について

レコードナンバー890832論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011622NACSIS書誌IDAN00117832
著者名北川 陽子
起橋 雅浩
高取 聡
福井 直樹
梶村 計志
尾花 裕孝
古田 雅一
書誌名食品照射 = Food irradiation, Japan
発行元日本食品照射研究協議会
巻号,ページ49巻・ 1号, p.3-8(2014-12)ISSN03871975
全文表示PDFファイル (2735KB) 
抄録2-アルキルシクロブタノン(ACBs)は,放射線照射により食品中に含まれる脂肪酸から特異的に生じ,食品の照射履歴の検知指標として有用な物質である。本研究では,常温保存下でのACBsの安定性を評価することを目的に,常温長期保存食であるレトルト包装された牛丼の具(レトルト牛丼)を照射試料に選定し,照射レトルト牛丼中に生成した2-ドデシルシクロブタノン(DCB)および2-テトラデシルシクロブタノン(TCB)の濃度を照射直後から12ヶ月間経時的に追跡した。常温条件でレトルト牛丼に0.6,1.9,2.7および4.5kGyの4線量を照射したところ,照射直後では全ての試料からDCBおよびTCBが検出され,その濃度はDCBおよびTCBともに線量依存的に増大した。常温保存下において,照射6ヶ月および12ヶ月経過後にACBsの濃度を測定したところ,若干増加傾向はあるものの,大きな変化は認められなかった。以上のことから,常温保存条件下においても照射レトルト牛丼中のACBsは安定であり,照射履歴の検知は可能であると考えられた。
索引語常温保存下;ACBs;TCB;濃度;安定性;アルキルシクロブタノン;レトルト牛丼;照射履歴;4.5kGy;照射
引用文献数7
登録日2015年05月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat