海外から導入した暖地型牧草の優良品種選定試験(1)

海外から導入した暖地型牧草の優良品種選定試験(1)

レコードナンバー890922論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20031758NACSIS書誌IDAA12193687
論文副題生育特性および収量性の評価
著者名幸喜 香織
稲福 政史
森山 高広
川本 康博
書誌名試験研究報告
別誌名Bulletin of the Okinawa Prefectural Livestock and Grassland Reserch Center
Bulletin of the Okinawa Prefectural Livestock and Grassland Research Center
Bulletin of the Okinawa Prefectural Livestock and Grassland Rese[a]rch Center
沖縄県畜産研究センター試験研究報告
発行元沖縄県畜産研究センター
巻号,ページ51号, p.49-56(2014-11)ISSN18836496
全文表示PDFファイル (3618KB) 
抄録暖地型牧草は数多くあるが,実際に利用される草種はほぼ4草種(ローズグラス,ディジットグラス,ギニアグラス,ジャイアントスターグラス)に限定されている。海外で流通する草種・品種でまだ検討されていないもののうち,有望と思われる品種について、4年間にわたり生育特性および収量性の評価を行ったところ,その結果は以下のとおりであった。1. ブラキアリアグラス「ルジグラス」,「MG5」および「バシリスク」,ローズグラス「カタンボラ」,「カリーデ」,ギニアグラス「パイカジ」,「うーまく」および「ガットン」の発芽状況は評点7.5以上となり良好であった。2. 「バシリスク」は乾物収量が常に高く,安定した収量性を示した。3. 「ルジグラス」、「MG5」およびパスパルム「アトラタム」は乾物収量が高く,晩生化する傾向が認められ,また,乾物率も有意に低い。4. セタリア「スプレンダ」は常に出穂するが,乾物率が「アトラタム」と同等に低い。以上の結果から,「バシリスク」,「ルジグラス」、「MG5」、「アトラタム」および「スプレンダ」は収量性が高く,優良な品種であることが示唆された。
索引語ルジグラス;収量性;品種;バシリスク;海外;暖地型牧草;評価;草種;ローズグラス;ギニアグラス
引用文献数22
登録日2015年05月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat