小豆煮汁に含まれるタンパク質のリン酸カルシウムによる効率的回収技術の開発と回収タンパク質の活用

小豆煮汁に含まれるタンパク質のリン酸カルシウムによる効率的回収技術の開発と回収タンパク質の活用

レコードナンバー890928論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20500132NACSIS書誌IDAA12605911
著者名石原 那美
永井 あゆみ
近藤 徹弥
書誌名あいち産業科学技術総合センター研究報告
発行元あいち産業科学技術総合センター企画連携部企画室
巻号,ページ3号, p.76-79(2015-01)ISSN21875073
全文表示PDFファイル (1826KB) 
抄録豆類の加工工程で排出される大量の浸漬水や煮汁は、豆類由来のタンパク質、糖類、有機酸などの有用成分を含むにもかかわらず、大部分が廃液として処理されている。そこで本研究では、タンパク質高吸着性リン酸カルシウム(CAP)を用いて、小豆煮汁からタンパク質を効率的に吸着回収する技術の開発を目指した。CAPの選択や吸着条件の最適化を図った結果、小豆煮汁からタンパク質を80%以上吸着回収することができた。回収したタンパク質やそのプロテアーゼ処理液には、アンジオテンシン変換酵素阻害活性とトリプシン阻害活性が認められた。
索引語タンパク質;小豆煮汁;CAP;開発;吸着回収;浸漬水;回収;リン酸カルシウム;効率的回収技術;回収タンパク質
引用文献数8
登録日2015年05月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat