農村女性起業における経営活動の参画と多角化要因

農村女性起業における経営活動の参画と多角化要因

レコードナンバー890932論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20022974NACSIS書誌IDAA12123127
論文副題千葉県直売所を対象として
著者名石川 悠紀
大江 靖雄
書誌名食と緑の科学
別誌名Hort research
発行元千葉大学園芸学部
巻号,ページ68号, p.15-20(2014-03)ISSN18808824
全文表示PDFファイル (880KB) 
抄録農村において,女性自らが農産物の加工・販売,直売所等の経営に携わるといった,女性による起業活動は,農業県を中心に多くなされている。特に,千葉県は全国の農業県と比較した場合に女性起業家数が多く,女性による起業が盛んであると言える。これまで,女性起業家個々の活動内容に関する詳細な分析は多くなされてきたが,女性起業家が自ら取り組む直売所等の経営活動の参画や多角化にはどのような要因がはたらいているのかといったことについての分析はなされてない。そこで,本研究ではそれらの要因を明らかにするため,ロジスティック回帰分析モデルと多重回帰モデルを用い,分析を行った。その結果,女性起業家自身の起業活動開始年や販売品目数といった経営的要因と,市町村別農業就業者に占める女性の割合,地域内の女性起業家ネットワークの指標として地域内起業家数,および市町村内インターチェンジ数といった女性起業家の活動する地域の特徴を示す地域的要因が,共に経営活動の参画と多角化の要因に作用していると考えられることがわかった。しかし,今後女性起業家の活動をいかに継続し次の世代に継承していくかという課題もあり,政策的な支援が必要であるといえる。
索引語女性;経営活動;参画;活動;女性起業家;要因;分析;起業;直売所;農業県
引用文献数10
登録日2015年05月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat