夏期放牧における褐毛和種熊本系と黒毛和種繁殖牛の個体維持行動の比較

夏期放牧における褐毛和種熊本系と黒毛和種繁殖牛の個体維持行動の比較

レコードナンバー890944論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20019368NACSIS書誌IDAA12018166
著者名伊藤 秀一
岩下 祐輔
萩原 慎太郎
山本 直幸
作本 亮介
岡本 智伸
谷 峰人
矢用 健一
書誌名Animal behaviour and management
別誌名日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌
発行元日本家畜管理学会
巻号,ページ50巻・ 4号, p.162-168(2014-12)ISSN18802133
全文表示PDFファイル (1264KB) 
抄録夏期放牧地における褐毛和種繁殖牛の行動特性を明らかにするため,阿蘇地域の放牧地において,維持行動および庇陰林の利用について調査し,黒毛和種繁殖牛と比較を行った。褐毛和種7頭,黒毛和種9頭を観察対象として,午前中の4時間と,午後の4時間について,5分間隔の瞬間サンプリング法により行動の記録を行った。PM(13:00-17:00)の伏臥位反芻行動の発現割合は,褐毛和種が20.6±17.9%となり,黒毛和種の4.1±7.0%に対して有意に(P=0.026)高く,移動行動は,褐毛和種と黒毛和種それぞれ4.0±5.2%および13.7±6.6%で,褐毛和種が有意(P=0.011)に低かった。DAY(7:00-11:00と13:00-17:00の合計)の庇陰林の利用は,褐毛和種は2.1±4.0%であり,黒毛和種の27.4±22.0%に比べるとほとんど発現せず,褐毛和種が有意(P=0.015)に低かった。本研究の条件では,両品種は異なる行動を発現し,特に黒毛和種は庇陰林の利用時間が長く,褐毛和種は庇陰林を利用する時間が少ないことが明らかとなった。
索引語褐毛和種;庇陰林;黒毛和種;黒毛和種繁殖牛;利用;行動;比較;夏期放牧;褐毛和種熊本系;個体維持行動
引用文献数16
登録日2015年05月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat