トウモロコシ二期作に冬作を組み合わせた粗飼料増産体系の確立

トウモロコシ二期作に冬作を組み合わせた粗飼料増産体系の確立

レコードナンバー890950論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20522941NACSIS書誌IDAA12675451
著者名下副田 充志
原田 直人
松野 愛子
鈴々木 昭一
書誌名鹿児島県農業開発総合センター研究報告
別誌名Bull. Kagoshima. Pref. Ins. for Agri. Dev.
鹿児島農総セ研報
発行元鹿児島県農業開発総合センター
巻号,ページ8号, p.35-40(2014-03)ISSN18818609
全文表示PDFファイル (4360KB) 
抄録トウモロコシ二期作に冬作を組み合わせた2年5作(トウモロコシ3作,冬作2作)粗飼料増産体系について,トウモロコシ二期作体系と比較検討した結果,TDN収量が約10%向上することを明らかにした。また,TDN1kgあたりの生産費を調査した結果,2年5作の生産費がやや低くなった。トウモロコシと冬作の栽培データと気象データから地理情報システムを活用し,県内における2年5作と二期作の栽培適地の判定を行い,地図化した。
索引語冬作;トウモロコシ二期作;粗飼料増産体系;結果;生産費;二期作;確立;トウモロコシ;トウモロコシ3作;冬作2作
引用文献数3
登録日2015年05月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat