鹿児島県における2~7月どり「若掘りゴボウ」および7~8月どり「加工・業務用ゴボウ」栽培技術に関する研究

鹿児島県における2~7月どり「若掘りゴボウ」および7~8月どり「加工・業務用ゴボウ」栽培技術に関する研究

レコードナンバー890956論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20522941NACSIS書誌IDAA12675451
著者名中渡瀬 久成
大薗 正史
安水 義寿
鮫島 國親
福元 伸一
永田 茂穂
原田 昭夫
書誌名鹿児島県農業開発総合センター研究報告
別誌名Bull. Kagoshima. Pref. Ins. for Agri. Dev.
鹿児島農総セ研報
発行元鹿児島県農業開発総合センター
巻号,ページ9号, p.9-20(2015-03)ISSN18818609
全文表示PDFファイル (100KB) 
抄録「若掘りゴボウ」および「加工・業務用ゴボウ」は,消費者ニーズの多様化や食の外部化の進展を背景に需要が増加しており,これらの生産安定化と作期拡大が求められている。そこで,鹿児島県における「若掘りゴボウ」の2~7月どりおよび「加工・業務用ゴボウ」の7~8月どり栽培技術について検討した。その結果,「若掘りゴボウ」の2~3月どりについては,9月中~下旬播種の不織布直がけ栽培により,アール当たり100kg以上,4月上旬どりは,10月上旬播種の不織布直がけ栽培により,同130kg以上,4月下旬~5月下旬どりは,12月上旬播種のトンネル栽培および不織布直がけ栽培により同160kg以上,6月どりは,1月下旬~2月上旬播種の不織布直がけ栽培により同120kg以上,さらに7月中旬どりについては,3月上旬播種の無被覆栽培により同100kg以上を生産することが可能になった。「加工・業務用ゴボウ」は,品種‘常豊’,‘山田早生’を12~1月に播種し,収穫時期に対応した株間で栽培することにより,加工・業務用規格のゴボウを7~8月にアール当たり概ね200kg以上を生産することが可能になった。
索引語不織布直がけ栽培;加工;若掘りゴボウ;業務用ゴボウ;鹿児島県;7月どり;生産;栽培;食の外部化;3月どり
引用文献数7
登録日2015年05月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat