カイコ平衡致死系統における付着染色体の識別同定

カイコ平衡致死系統における付着染色体の識別同定

レコードナンバー891008論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20023854NACSIS書誌IDAA12145323
著者名池嶋 智美
常山 泉
大沼 昭夫
蜷木 理
原 和二郎
書誌名蚕糸・昆虫バイオテック = Sanshi-konchu biotec
別誌名Sanshi・konchu biotec
発行元日本蚕糸学会
巻号,ページ83巻・ 3号, p.283-288(2014-12)ISSN18810551
全文表示PDFファイル (2358KB) 
抄録カイコの分子遺伝地図のEST-cDNAクローン(以下,クローン)をプローブに用いて,サザンブロッティングハイブリダイゼーションによるRFLP解析を行い,プラチナボーイの素材となった新しい平衡致死系蚕品種BLのW染色体に付着しているとされる2つの染色体断片の識別同定ができるか否かを検討した。初めに,Z染色体断片が付着していることを調べるために,RFLG1(第1連関群対応)のクローンを用いて解析したところ,クローンm47を用いた場合にのみ,供試したすべての雌から2コピー分のバンドが検出された。このことから,BLのW染色体には,クローンm47を含むZ染色体断片が付着していることが明らかになった。次に,もう1つの付着染色体である第2染色体断片を識別同定するために,RFLG19(第2連関群対応)のクローンを用いて解析した。その結果,いずれのクローンを用いても雌でのみ検出されるバンドは認められず,第2染色体付着断片を識別することはできなかった。以上の結果から,蚕品種BLではクローンm47を用いたRFLP解析によってZ染色体付着断片を識別同定できることが明らかになり,またこのクローンを利用して同品種の同定が可能であることが示唆された。
索引語クローン;識別同定;用いて解析;付着;付着染色体;RFLP解析;W染色体;Z染色体断片;雌;EST
引用文献数15
登録日2015年05月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat