PCR法による収繭機からのカイコ核多角体病ウイルス検出法

PCR法による収繭機からのカイコ核多角体病ウイルス検出法

レコードナンバー891009論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20023854NACSIS書誌IDAA12145323
著者名野澤 瑞佳
書誌名蚕糸・昆虫バイオテック = Sanshi-konchu biotec
別誌名Sanshi・konchu biotec
発行元日本蚕糸学会
巻号,ページ83巻・ 3号, p.289-294(2014-12)ISSN18810551
全文表示PDFファイル (1271KB) 
抄録BmNPVによる収繭機の汚染状況を確認するために,PCRの応用を検討した。これまで報告されたBmNPV検出用プライマーは,AcNPVとの相同性が極めて高いため,BmNPVに特異性のあるプライマーをBp39遺伝子領域から設計した。茨城県下の養蚕現場から分離したBmNPVを用いてプライマーの検出感度とPCRの再現性を検証した結果,PCRの段階では,反応溶液20μlあたり多角体10 2個に由来するウイルスDNA量が再現性のある検出限界であった。更にPCR増幅産物を用いてnested-PCRを行った結果,多角体1粒に由来するウイルスDNAからも再現性のある検出が可能となった。確立したPCRの手法と滅菌ガーゼを用いる試料採取法により,茨城県下の養蚕現場に設置されていた各収繭機からBmNPVの検出を試みた結果,nested-PCRの採用によりウイルスの汚染が識別可能であった。養蚕現場では,収繭機もBmNPVで汚染されるため,防疫対策上の配慮が必要であると考えられた。
索引語PCR;収繭機;BmNPV;養蚕現場;再現性;結果;検出;汚染;茨城県下;由来
引用文献数26
登録日2015年05月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat