からすみの製造工程におけるボラ卵の脂質性状の変化

からすみの製造工程におけるボラ卵の脂質性状の変化

レコードナンバー891038論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名伊藤 大輔
高橋 希元
岡崎 惠美子
Jiarpinijnun A.
齋藤 洋昭
大迫 一史
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ81巻・ 1号, p.115-123(2015-01)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (603KB) 
抄録からすみの製造工程における未処理,塩漬後および乾燥後のボラMugil cephalus卵の脂質性状の変化について検討した。からすみ調製過程において,ワックスエステルの組成比と,それを構成する脂肪アルコール組成および脂肪酸組成,およびホスファチジルコリンの組成比と構成脂肪酸組成に有意な変化は見られなかった。一方で,トリアシルグリセロールは乾燥工程で若干減少したが,脂肪酸組成に有意な変化は見られなかった。以上より,ボラ卵の脂質性状は他の水産乾製品に比較して,非常に変化しにくいことが示唆された。
索引語変化;脂質性状;からすみ;製造工程;ボラ卵;脂肪酸組成;組成比;ボラMugil cephalus卵;ホスファチジルコリン;トリアシルグリセロール
引用文献数31
登録日2015年05月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat