チューリップ切り花における花茎の湾曲と下垂が観賞価値に与える影響

チューリップ切り花における花茎の湾曲と下垂が観賞価値に与える影響

レコードナンバー891198論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011204NACSIS書誌IDAA11651516
論文副題一般消費者による評価
著者名望月 寛子
渋谷 健市
湯本 弘子
市村 一雄
書誌名花き研究所研究報告
発行元農業技術研究機構花き研究所
巻号,ページ14号, p.1-8(2014-12)ISSN13472917
全文表示PDFファイル (2416KB) 
抄録チューリップ切り花の花茎の伸長と下垂によって一般消費者の切り花に対する観賞価値がどのように変化するのか‘イルデフランス’と‘バレリーナ’を用いて検証した。開花2日後の‘イルデフランス’では花被の外観の老化は始まっていないにも関わらず,花茎は30°を超えて湾曲し,下垂が認められた。34名の被験者による外観の鮮度評価は低く,44.1%の被験者が花茎の下垂を理由に「廃棄する」と答えた。エテホン5ppmの連続処理によって花茎の伸長が認められなかった‘イルデフランス’開花2日目のサンプルでは鮮度評価値は高く保たれ,すべての被験者が「廃棄しない」と判断した。‘イルデフランス’と同様にユリ咲きの‘バレリーナ’においても30°を超える花茎の湾曲と下垂によって鮮度評価値は低下したが,廃棄率は20.6%であった。一般消費者を対象とした本研究結果より,チューリップ切り花の観賞価値は30°を超える花茎の湾曲と下垂によって早期に損なわれるが,その影響は品種間で異なる可能性が示された。
索引語花茎;下垂;湾曲;イルデフランス;チューリップ切り花;観賞価値;一般消費者;被験者;影響;廃棄
引用文献数12
登録日2015年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat