LC-MS/MSによる食肉中残留農薬簡易一斉試験法の妥当性評価

LC-MS/MSによる食肉中残留農薬簡易一斉試験法の妥当性評価

レコードナンバー891379論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名笹本 剛生
小林 麻紀
酒井 奈穂子
上條 恭子
大谷 陽範
林 真輝
馬場 糸子
花城 千香子
高野 伊知郎
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ56巻・ 1号, p.19-30(2015-02)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (19867KB) 
抄録LC-MS/MSを用いた食肉中残留農薬簡易一斉試験法について妥当性評価試験を行った。試料10gに水10mLを加え混和後,1%ギ酸含有アセトニトリル30mLでホモジナイズ抽出を行った。硫酸マグネシウム,クエン酸三ナトリウムおよび塩化ナトリウムを加え十分にかくはんして遠心分離後,有機層を1%ギ酸含有アセトニトリルで40mLに定容した。その1mLを分取し,遠心分離したものをLC-MS/MS測定溶液とした。市販の牛,豚および鶏筋肉に132種類の農薬(0.01および0.04μg/g)を添加して,2併行,5日間の添加回収試験を実施した。その結果,妥当性評価ガイドラインの目標値に適合した農薬は牛筋肉125,豚筋肉120,鶏筋肉127農薬であった。
索引語LC;食肉中残留農薬簡易一斉試験法;農薬;硫酸マグネシウム;塩化ナトリウム;有機層;ギ酸含有アセトニトリル;定容;妥当性評価;遠心分離
引用文献数19
登録日2015年06月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat