LC-MS/MSによるうなぎかば焼中のマラカイトグリーン分析法の妥当性評価

LC-MS/MSによるうなぎかば焼中のマラカイトグリーン分析法の妥当性評価

レコードナンバー891380論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名山下 毅
西川 清文
篠崎 史義
伴埜 行則
川上 雅弘
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ56巻・ 1号, p.31-36(2015-02)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (1048KB) 
抄録食品中に残留するマラカイトグリーン(MG)およびその代謝産物であるロイコマラカイトグリーン(LMG)について,告示試験法を一部改良し,ジクロロメタンを使わない試験法を開発した。また,この試験法について,うなぎかば焼を用いて厚生労働省から通知された妥当性評価ガイドラインに従い,添加回収試験を実施した。標準添加試料からアセトニトリルおよびクエン酸・リン酸緩衝液(pH3.0)でMG,LMGを抽出した後,塩析・脱水し,オクタデシルシリル化シリカゲルミニカラムおよび強酸性陽イオン交換体ミニカラムで精製した。これをLC-MS/MSにより測定し,重水素標識した標準物質(MG-d5,LMG-d6)をサロゲートとした内部標準法により定量を行った。その結果,MGおよびLMGそれぞれにおいて,真度は99.2%,93.6%,併行精度は2.2%,4.4%,室内精度は3.5%,5.1%と良好であった。
索引語LC;試験法;マラカイトグリーン;用いて厚生労働省;標準添加試料;アセトニトリル;リン酸緩衝液;塩析;オクタデシルシリル化シリカゲルミニカラム;強酸性陽イオン交換体ミニカラム
引用文献数9
登録日2015年06月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat