G2A受容体のリガンドと活性化機構

G2A受容体のリガンドと活性化機構

レコードナンバー891445論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013978NACSIS書誌IDAN00239079
著者名一條 祐太
戸村 秀明
書誌名明治大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Meiji University
別誌名明大農研報
Bulletin of School of Agriculture, Meiji University
発行元明治大学農学部
巻号,ページ64巻・ 3号, p.59-65(2015-02)ISSN04656083
全文表示PDFファイル (797KB) 
抄録生物は恒常性を維持するために,生体内外の情報を伝達する受容体を発達させてきた。受容体のうちGタンパク質共役型受容体(GPCR)は,細胞増殖・遊走・接着など多様な細胞機能に関与しており,発生・代謝・炎症・免疫の中心的な役割を担っている。GPCRに属するG2A受容体は,細胞の飢餓状態やDNA損傷時に,Bリンパ球のG2/M期の移行を抑制するストレス誘導性GPCRとして報告された。本稿では,G2A受容体のリガンドとその機能を中心に紹介する。
索引語リガンド;G2A受容体;GPCR;受容体;M期;ストレス誘導性GPCR;機能;活性化機構;細胞;生物
引用文献数36
登録日2015年06月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat