寄生蜂のメス成虫は寄主に食害された植物が放つ揮発性物質に誘引される

寄生蜂のメス成虫は寄主に食害された植物が放つ揮発性物質に誘引される

レコードナンバー891454論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014358NACSIS書誌IDAN00239465
論文副題寄生蜂は揮発性物質の質的・量的なブレンドの違いを認識できるのか?
著者名上船 雅義
書誌名名城大学農学部学術報告
別誌名Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Meijo University
発行元名城大学農学部
巻号,ページ51号, p.55-60(2015-03)ISSN09103376
全文表示PDFファイル (2003KB) 
抄録本資料は,原著論文Masayoshi Uefune, Soichi Kugimiya, Rika Ozawa, Junji Takabayashi (2013) Parasitic wasp females are attracted to blends of host-induced plant volatiles: do qualitative and quantitative differences in the blend matter? F1000Resarch, 2013, 2: 57. の内容を日本語で解説したものである。コナガサムライコマユバチのメス成虫は,寄主であるコナガによって食害されたアブラナ科植物が放出する揮発性成分に含まれるサビネン,n-ヘプタナール,α-ピネン,(Z)-3-ヘキセニルアセテートのブレンド(ブレンドA)に生得的に誘引される。このブレンドをコナガ防除に応用するために,本寄生蜂のブレンドに対する応答性,学習性について調べてきた。本研究では,ブレンドの質的変化((R)-リモネンを追加: ブレンドB)・量的変化(4成分の比率を変化: ブレンドC)がコナガサムライコマユバチの嗅覚反応に影響を及ぼすかどうか調べた。各ブレンドに対して羽化後何の経験もしていないメス成虫は,ブレンドAとB,または,ブレンドAとCを同等に選好した。ブレンドAとBの比較では,ブレンドBの存在下で産卵を経験したメス成虫はブレンドBを選好し,ブレンドBの存在下で空腹を経験したメス成虫はブレンドAを選好した。ブレンドAとCの比較では,ブレンドAの存在下で産卵経験したメス成虫はブレンドAとCを同等に選好したが,ブレンドAの存在下で空腹経験したメス成虫はブレンドCを選好した。コナガサムライコマユバチが誘引物質のわずかな違いを経験によって識別し,学習できることを示した。
索引語メス成虫;ブレンド;存在下;コナガサムライコマユバチ;選好;寄主;経験;ブレンドB;ブレンドA;寄生蜂
引用文献数20
登録日2015年06月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat