Lactobacillus plantarum LA 318はヒト大腸ムチンへのCandida albicans ATCC 26555の付着を阻害する

Lactobacillus plantarum LA 318はヒト大腸ムチンへのCandida albicans ATCC 26555の付着を阻害する

レコードナンバー910713論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036186NACSIS書誌IDAA12385338
著者名木下 英樹
渡辺 真通
井越 敬司
石田 光晴
川井 泰
北澤 春樹
三浦 康
堀井 明
齋藤 忠夫
書誌名東海大学紀要. 農学部
別誌名Proceedings of School of Agriculture Tokai University
東海大学農学部紀要
発行元東海大学農学部
巻号,ページ36巻・ p.7-14(2017-03)ISSN18831516
全文表示PDFファイル (4306KB) 
抄録Candida albicansはカンジダ症を引き起こす日和見感染菌である。C. albicansは培養条件により酵母型と仮性菌糸型の二形成を示す。本試験ではヒト大腸ムチン(HCM)に高い付着性を示すLactobacillus plantarum LA 318を用いてC. albicans ATCC 26555の付着阻害の可能性を検討した。SDS-PAGEによりC. albicans ATCC 26555の菌体表層タンパク質中にグリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素(GAPDH)の発現を確認したが,その発現量は非常に少なかった。このことからGAPDHは,C. albicans ATCC 26555のメインとなるアドヘシンではない可能性が考えられた。また,C. albicans ATCC 26555は酵母型,仮性菌糸型ともにHCMに対し菌数依存的な付着性を示した。カンジダの付着阻害試験は,競合,排除,置換試験の3つのパターンで行った。28℃培養のカンジダ菌(酵母型)では,1×10 8 cells/mLの乳酸菌の競合阻害以外は10~20%の付着阻害が見られた(p<0.05)。最もカンジダ菌の付着阻害が見られたのは1×10 9 cells/mLの乳酸菌を用いた排除試験だった。37℃培養のカンジダ菌(仮性菌糸型)では,1×10 8 cells/mLの乳酸菌を用いた試験においては,競合,排除,置換試験のいずれにおいても僅かな阻害しか示さなかったが,1×10 9 cells/mLの乳酸菌では排除試験において21.5%のカンジダ菌の付着の減少が見られた(p<0.05)。これらの結果より乳酸菌を用いたC. albicansの感染阻害の可能性が示された。
索引語cells/mL;albicans;乳酸菌;Lactobacillus;plantarum;ヒト大腸ムチン;カンジダ菌;付着;付着阻害;酵母型
引用文献数46
登録日2017年06月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat