北海道におけるキャベツの直播栽培及び機械収穫の経営評価

北海道におけるキャベツの直播栽培及び機械収穫の経営評価

タイトル北海道におけるキャベツの直播栽培及び機械収穫の経営評価
要約北海道の 20 ~ 30ha 規模の畑作経営では、キャベツの移植栽培にトレーラ伴走方 式の機械収穫を導入することによりキャベツ作の拡大をはかることができる。直播栽培と 機械収穫を組み合わせた直播・機械収穫一貫体系は、その省力性から 35ha 以上の大規模 層ではキャベツ作拡大に寄与すると推計される。
キーワード畑作経営、キャベツ、トレーラ伴走方式、機械収穫、直播栽培
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 北海道農業研究センター 総合研究部 農村システム研究室
連絡先 011-857-9309 / amanot@affrc.go.jp / amanot@affrc.go.jp
区分(部会名)共通基盤
区分(部会名)北海道農業
分類技術、参考
背景・ねらい北海道の畑作経営では、1990 年代に入り畑作物の価格低下による農業所得の低下に対 応して野菜の導入が進展した。しかし、野菜類は面積当たりの投下労働時間が多いうえ作 業員の労働負担が大きく、畑作経営に輪作作物として定着するためには、その省力化・軽 労化が求められる。本研究ではキャベツの直播栽培やトレーラ伴走方式による機械収穫の 現地実証試験結果に基づき、それらの新技術が畑作経営に及ぼす効果を線型計画法を用い て分析し、北海道におけるキャベツ機械化の方向を明らかにする。
成果の内容・特徴1.トレーラ伴走による機械収穫によれば、3人組作業の場合 12cm/s作業速度で長辺 270m畦の往復作業を製品の積み降ろしなしで連続的に行え、枕地の手取り収穫を含 めても 19.7 人・時/10a で作業が可能である。
2.この機械収穫方式を導入した場合の効果を線型計画法を用いて経営耕地面積規模別に 試算すると、3.35 ~ 4.84ha と手取りの場合より 1.2 ~ 1.6ha 程度キャベツ作が拡大でき る。トレーラ伴走方式の機械収穫への投資限界を求めると 20 ~ 30ha 規模では 330 ~ 380 万円と、補助事業で導入する場合の機械投資額及び耐用期間内の修理費を上回り、 作業姿勢の改善による軽労化効果も高いことから導入の合理性がある(図1、2)。
3.直播栽培とトレーラ伴走方式の機械収穫を組み合わせた直播・機械収穫一貫体系では、 体系全体での投下労働時間が 24 人・時/10a と慣行の 50 %まで低下することができる 一方、気象条件や作型によっては移植に対して 30%程度減収する可能性がある(表1、 2)。
4.作型や気象変動による減収を勘案して移植に対する直播単収を想定した試算では、直 播・機械収穫一貫体系の農業所得は、35ha 規模以上になってはじめて移植・機械収穫 体系を上回ると試算され、大規模層での活用が示唆される。20 ~ 30ha 層での一貫体系 導入のための減収の許容限界は移植の 10 %以内と推定される(図3)。
成果の活用面・留意点1.現段階では、直播栽培の減収率が高いため、収穫を機械化せず直播栽培のみを導入した場合には農業所得は低下するため、直播栽培単独での収益面での有利性はない。
2.トレーラ伴走式の収穫体系の導入に当たっては、トレーラ走行路を念頭に置いた圃場利用計画により土地利用率を低下させないように留意すること。
予算区分交付金プロ(大規模畑作)
研究期間2001~2003
研究担当者坂本英美、山縣真人、若林勝史 、小島誠、天野哲郎、八谷満(生研センター)
発表論文1)天野哲郎、八谷満、吉川好文、若林勝史(2002)日本農業経済学会論文集:6-8.
2)天野哲郎、八谷満(2002)農業技術、57(9):385-390.
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat