イネの各茎の草姿−葉身長の葉位別変化の型−を制御している「模写生長性」の解明

イネの各茎の草姿−葉身長の葉位別変化の型−を制御している「模写生長性」の解明

タイトルイネの各茎の草姿−葉身長の葉位別変化の型−を制御している「模写生長性」の解明
要約分げつの草姿は、基本的にその母茎の草姿を模写して形成される。葉身長の葉位別変化の型で草姿をみると、前出葉を含む分げつの葉数が分げつ発生節より上の母茎部分の葉数に等しい場合、分げつと母茎の各草姿は完全に同型になる。
担当機関中国農業試験場 作物開発部 栽培生理研究室
連絡先0849-23-4100
区分(部会名)中国農業
専門栽培
研究対象稲類
分類研究
背景・ねらい個体の各茎に着く葉身の大きさは、相似生長理論(1951)に従うとされてきたが、個体内の止葉葉身長が著しく変異するなど、その枠組みに合わない事例が多かった。また、理想稲稲作(1973)では、理想的草姿の計量的な比較解析法が提起されていない。そこで、個々の有効茎を対象として、草姿・草型を精密に計量比較するための理論的基礎を求めた。
成果の内容・特徴
本成果の前提知見:
1株1本植えの試験区では主稈総葉数に1葉の変異があり、総葉数が1葉少ない主稈の葉身長の葉位別変化の型(葉身長パターン)は、総葉数が多い方の主稈の、止葉を除いたパターンに同型である。また、後者の止葉葉身は明瞭に短い。なお、後者と前者の各パターンを、それぞれN型(事例:図1の0)、[N-1]型と呼ぶ。

1株1本植え・基肥のみでポット栽培したイネの個体で、以下の規則性が認められた。
  1. 前出葉を含む分げつの総葉数が、分げつ発生節より上の母茎部分(相関母茎と略称)の葉数に等しい場合、分げつの葉身長パターンは相関母茎のそれの模写になる(図2)。
  2. この場合、双方の葉身長パターンがともに[N-1]型になる頻度が高い(表1)。
  3. 分げつの総葉数が相関母茎の葉数より1葉少ない場合、一般に相関母茎の莱身長パターンは[N-1]型となり、分げつのそれは止葉葉身が相対的に長い[N-2]型(事例:図1の7分げつ)になる(表1)。
  4. 相似生長理論では、図2の横並びの葉身が互いに同型になるとみるが、この原則は上記の事実関係に対して規則的なずれをもっていた。
  5. 前述した前提知見と上記1、2の規則性とを総合して、1株1本植えの栽培試験区では、主稈・分げつの各葉身長パターンが、基本的に[N-1]型を主とし、N型と[N-2]型とを加えた3型に分れるという形態形成上の性質を新たに「模写生長性」とした。
成果の活用面・留意点上記比較解析法の確立に用いる。模写生長性は、1株3本植えの試験区でも基本的こ成立していた。節間長パターンは、三つの葉身長パターンに対応した特有のパターンとなる。
具体的データ
図1
図2
表1
予算区分経常
研究期間1989~1996
研究担当者松葉捷也
発表論文イネの茎葉生育の規則性に関する発育形態学的研究、日作紀63(2)、1994.
発行年度1995
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat