全自動移植機の軟弱野菜用への改良

全自動移植機の軟弱野菜用への改良

タイトル全自動移植機の軟弱野菜用への改良
要約 全自動移植機VP-245を軟弱野菜用にも適応できるように改良した。主な改良点は走行部を畝上走行から谷間走行に、左右車軸の長さを変えることにより植え付け位置を右側に寄せ、一畝を往復4条植えできるようにした。
担当機関兵庫県立中央農業技術センター 経営実験室
連絡先0790-47-1117
区分(部会名)中国農業
専門機械
研究対象葉茎菜類
分類研究
背景・ねらい 軟弱野菜は植え付け株間が狭いため、既存の野菜移植機では対応が困難であった。全自動野菜移植機VP-245は株間を5cmから設定でき、2条植えであるなどの特徴を備えており、これまで若干の改良を加え軟弱野菜にも対応できるようにした。しかし、走行部が畝上走行であるため機重による植え付け部の締め付け、畝の崩壊など現地では受け入れにくい点があった。そこで、走行方式を畝上走行から谷間走行に改良するとともに、左右車軸の長さを変えることにより一畝を往復4条植えできるように改良する。
成果の内容・特徴
  1. これまでの改良点は葉がらみ防止のため、横送りベルトの幅を10mm狭め85mmにした。また、横送りベルト上の苗を縦送りベルトに正確に押し出せるよう、押し出し爪を4本爪から5本爪にした。その結果、チンゲンサイの植え付け精度は約10%向上した(表1)。
  2. 今回の改良点は機械の中央部にあったドラム式鉄車輪に替え、直径650mmの田植機の車輪を取り付けた。輪距は1200mmとし、畝をまたいで谷間走行できるように改良した。左右車軸の長さは左を365mm、右を50mmとし、植え付け位置を右側に寄せることにより一畝を往復4条植えできるように改良した。また、苗搬送の下送りベルトと植え付けディスクを内側に寄せ、条間を従来の45cmから40cmにした。復路はその中央部に植え付けるため条間は20cmとなり、120cmの畝にも植えられるようにした(写真1、2)。
  3. 改造に伴い重量バランスを図るため前部に約10kgのウエイトを乗せた。そのため重量は改良前の210kgから238kgに増加した(表2)。
成果の活用面・留意点 さらに作溝爪の角度、横送りベルトと縦送りベルトの間隔などに改良を加え、場内で精度確認を経た後、現地実証する。
具体的データ
(表1)
(写真1、2)
(表2)
予算区分地域基幹
研究期間1996~1998
研究担当者桐村義孝、松本 功、置塩康之、米谷 正
発表論文グリーンレポート№232(1995.5)
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat