西南暖地における大規模稲作経営の発展段階と経営管理能力の向上

西南暖地における大規模稲作経営の発展段階と経営管理能力の向上

タイトル西南暖地における大規模稲作経営の発展段階と経営管理能力の向上
要約  大規模稲作経営においては、規模拡大や複合化によって経営が発展していくにしたがい経営管理領域・課題が拡大するとともに、複雑化する。したがって、これに対応した経営管理能力の向上が必要である。
担当機関岡山県立農業試験場 経営調査部
連絡先08695-5-0271
区分(部会名)中国農業
専門経営
分類指導
背景・ねらい稲作の生産性向上には大規模稲作経営の確立が必要であり、その形成手順が求められている。そこで、西南暖地(岡山平野)の大規模稲作基幹農家のアンケート調査と大規模稲野菜複合農家の事例調査を基に、経営の発展段階及び各段階に対応した経営管理課題を明らかにし、当該経営の育成対策に資する。
成果の内容・特徴
  1. 大規模稲作経営群では、稲作規模が大きくなるほど借地割合が多く、その分散範囲も拡大している。また、稲作規模が大きくなるほど雇用労働への依存、月給制(労働報酬の定期支給)・休日制の導入、経営収支の詳細な記帳、青色申告の実施等が多く、経営管理領域が拡大し、高度化している(表1、2)。
  2. 大規模稲作農家の経営類型は、稲麦複合類型と稲園芸複合が多く、今後の経営の発展方向は、稲麦複合経営類型と稲園芸複合類型とに大別できる(表1)。そこで、5haから 20ha程度の経営の発展段階に対応した経営管理課題を摘出すれば以下のとおりである(表3)。
  3. すなわち、第1の規模拡大開始期(5ha程度)は、経常的な生産管理や自作地を加えた作業受託等が中心であるが、第2の規模拡大期(10ha程度)では、作業受託から借地の拡大に転換するため、経営管理は土地貸借等の新たな土地調達が加わる。また、簡易簿記による財務管理等、新たな経営管理領域が拡大する。第3の規模拡大・再編期(20ha以上)では、農業所得の増大と労働力の利用率を高めるため、集約作物である野菜を導入して経営組織を再編する。このため、経営管理では新たな生産管理(不耕起直播の導入)や雇用労働の導入に伴う新しい労務管理、さらにはパソコンによる簿記記帳等の財務管理、販売の多元化等、経営管理領域が拡大・複雑化してくる。したがって、大規模稲作経営の形成には、経営発展段階に対応した経営管理能力の向上が必要となる。
成果の活用面・留意点 大規模稲作経営の育成に活用できるが、経営類型には地域性を配慮する必要がある。
具体的データ
(表1、
2)
(表3)
予算区分地域基幹
研究期間1996~1998
研究担当者経営調査部 坂本定禧
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat