切り花バラの元切り折り曲げ栽培における高品質増収技術

切り花バラの元切り折り曲げ栽培における高品質増収技術

タイトル切り花バラの元切り折り曲げ栽培における高品質増収技術
要約 切り花バラの元切り折り曲げ栽培では、折り曲げ後の摘心回数は1回、採花位置はシュート発生基部からすると、切り花長が長く、収量が多い。また、耕土深15cmの土壌水分がpF1.8のときに潅水すると、切り花品質が優れる。
担当機関広島県立農業技術センター 島しょ部研究部
連絡先08452-5-0004
区分(部会名)中国農業
専門栽培
研究対象花き類
分類普及
背景・ねらい瀬戸内沿岸島しょ部地帯の土耕栽培による切り花バラ生産では、夏期の高温により収量及び品質の低下が認められている。そこで、元切り折り曲げ方式により、年間を通じて秀品生産が可能な技術を開発し、生産増加及び安定のための知見を得る。
成果の内容・特徴
  1. 土耕栽培での元切り折り曲げ方式は、穂木から発生したベーサルシュート等を地際から約80cm(腰の高さ)で折り曲げる。その後、折り曲げ周辺部から発生するシュートを、5枚葉を残さずシュート発生基部から採花する方式である。この方式は、慣行の高作り方式に比べて、年間収量が6%多く、また7~9月においても60cm以上の切り花が多く得られる。
  2. 折り曲げ後の摘心回数が1回及び2回では、‘ローテローゼ’の株当たりの切り花本数が、それぞれ年間36.1本、34.2本で、3回に比べて70%以上多い(図1)。
  3. 耕土深15cmの土壌水分がpF1.8のときに潅水すると、切り花長60cm以上の割合は年間29.9%であり、他の処理に比べ最も高い。‘エスキモー’の株当たりの切り花本数は年間約100本で、pF1.8~2.1の範囲で、ほとんど差がない(図2)。
  4. 採花位置を元切りすると、‘ローテローゼ’の2年間の株当たり切り花本数は25.4本で、他の処理に比べて27.6~41.1%多く、切り花長60cm以上の割合は64.8%と最も高い(図3、図4)。
  5. 窒素濃度が5~20ppmの液肥で週1回施用(0.39~1.56kg/a/年)の範囲では、20ppm施用の切り花本数が年間30.2本で、他の処理に比べて18%以上多い(データ省略)。
成果の活用面・留意点
  1. この成果は、土耕栽培によるものである。
  2. 品種が異なると、この結果異なる場合がある。
具体的データ
(図1)
(図2)
(図3、
図4)
予算区分単県
研究期間1996~1996
研究担当者井上広文、梶原真二、石倉 聡
発表論文なし
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat