香酸カンキツ‘長門ユズキチ’の生育調節剤利用による無核果生産技術

香酸カンキツ‘長門ユズキチ’の生育調節剤利用による無核果生産技術

タイトル香酸カンキツ‘長門ユズキチ’の生育調節剤利用による無核果生産技術
要約 長門ユズキチ’の無核果安定生産をするためには、ネットハウス栽培で不完全自家不和合性を利用して無核とし、さらに着果率を高めるためにジベレリン50ppmを開花期から落弁期の間に1回散布する。
担当機関山口県萩柑きつ試験場
連絡先0838-22-2474
区分(部会名)果樹
区分(部会名)中国農業
専門栽培
研究対象果樹類
分類研究
背景・ねらい ‘長門ユズキチ’は、山口県北浦地方で古くから栽培されている香酸カンキツである。露地栽培香酸カンキツの搾汁開始時期は、8月中下旬からであるのに対して、‘長門ユズキチ’は7月下旬から可能である。しかし、種子が20~30個と多いのが欠点である。今までのネットハウス栽培試験で、‘長門ユズキチ’は無核果が生産できるが、着果率が著しく低く、小玉化することが明らかになっている。
 そこで、‘長門ユズキチ’の付加価値を高めるため、ネットハウスによって昆虫による他家受粉を防止するとともに、無核果の安定生産のためのジベレリン処理技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 長門ユズキチ’の露地栽培で、小さい無核果がわずかに混在し、花粉には発芽能力があるので、本種は不完全自家不和合性である。
  2. 開花期から落弁期にジベレリンの50ppmまたは100ppmを1回散布すると、着果率が無散布に比べ一様に2~3倍向上し、さらに、果実はほぼ無核となる(表1)。
  3. 果実の搾汁歩合は、いずれの時期、濃度の散布とも無散布と差異がない(表2)。
  4. いずれの散布時期、濃度の散布とも無散布に比べ、糖度は変わらず、クエン酸は同じかやや高く、この傾向は着色期までほぼ維持できる(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 無核果の生産に必要な隔離期間は、開花期のみであるが、ハウスパイプの錆防止及び温度管理の省力化、果実への雨除け効果などを期待するなら、ハウスの構造は側面をネット、屋根をビニール張りにすると良い。
  2. 本剤の長門ユズキチに対する使用は、現在未登録であるので登録後に普及する。
具体的データ
(表1)
(表2)
(表3)
予算区分県単
研究期間1996~1996
研究担当者杉本健治、村上哲一、中村光夫
発表論文なし
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat