トウモロコシのラップサイレージ調製技術

トウモロコシのラップサイレージ調製技術

タイトルトウモロコシのラップサイレージ調製技術
要約切断したトウモロコシをポリプロピレンクロス袋に充填することにより、トウモロコシのラップサイレージが調製できる。サイロ施設が不要で、圃場内での調製と保存が可能となる。
担当機関鳥取県畜産試験場 酪農草地科
連絡先0858-55-1362
区分(部会名)畜産
区分(部会名)中国農業
専門加工利用
研究対象乳・肉用牛
分類指導
背景・ねらい イタリアンライグラス等のグラス類で普及しているロールラップサイレージ方式は、サイロや倉庫等の貯蔵施設を必要とせずサイレージの運搬及び取出し が簡単であるといった利点がある。
 しかし、トウモロコシ等の長大作物のロールラップサイレージ調製技術については、小型のミニロールベール(50Kg程度)の報告はあるが、大型のラッピングマシーンに対応したものはない。そこで、グラス類で普及している大型ラッピングマシーンに対応したトウモロコシのラップサイレージ調製技術の確立と実証について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 作業行程:刈り取り→充填→ラッピング→積み上げ・貯蔵(図1)
  2. 充填方法:刈り取ったトウモロコシを、タワーサイロ用のブロアーを用いてポリプロピレンクロスの袋(口の円周370㎝、高さ250㎝)に充填し(約500kg)、ベールグリッパーにより押圧、更に人の足により詰込み材料を整形する。
  3. ラッピング方法:袋詰めトウモロコシの形態を保つことと、高い気密性を確保するためラッピングは通常の2倍の12層6回巻とする(材料費積算・表1)。
  4. 刈り取り時期は詰め込み後の排汁を少なくするため、黄熟期後半から成熟期とする。
  5. サイレージの出来上がりは、色・臭い等、良好であり、飼料成分についてもタワーサイロのものと大差がない(表2)。
  6. 詰め込み後2年間保存したサイレージの品質の変化は認められない。

成果の活用面・留意点
  1. 固定サイロ施設が不要で、圃場内でのサイレージ調製と保存が可能であり、収穫量に合わせてサイレージ貯蔵量を増減させることが出来る。
  2. 袋への充填密度を高くすることと、詰め込みを均等にする必要が有る。
  3. 充填する袋の大きさは、保有しているラッピングマシーンの能力に合わせることと、コストダウンのために、既製の袋を利用することも検討する必要が有る。

具体的データ
図1
表1
表2
予算区分県単
研究期間1997~1997
研究担当者桑田幸人、妻由道明、森本一隆、千代隆行、田川佳男、田中巧
発表論文トウモロコシのラップサイレージ作業体系、鳥取畜試研報、第25号、1997.トウモロコシのラップサイレージ技術、畜産会経営情報、第89号、1997.トウモロコシのラッピングサイレージ調製技術、牧草と園芸、第45号第11号、1997.
発行年度1997
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat