キャベツ夏まき秋冬どり栽培におけるセル成型苗の限界定植日

キャベツ夏まき秋冬どり栽培におけるセル成型苗の限界定植日

タイトルキャベツ夏まき秋冬どり栽培におけるセル成型苗の限界定植日
要約キャベツのセル成型苗は地床苗より3~4日早く定植すれば地床苗と同時に収穫できる。加西市周辺平地部での寒玉系晩生‘寒太鼓’の限界定植日の目安は9月8日で、年平均気温が1℃異なると7~12日、品種間では4~8日のずれが見込まれる。
担当機関兵庫県立中央農業技術センター 農業試験場 園芸部
連絡先0790-47-1117
区分(部会名)中国農業
専門栽培
研究対象葉茎菜類
分類普及
背景・ねらい 夏まき秋冬どりキャベツ栽培において、地床苗からセル成型苗への転換が進んでいる。従来地床苗で栽培してきた地域では、セル成型苗の導入により収穫日が遅れたり、不完全球が増加する等の問題が発生している。このためセル成型苗と地床苗の生育の違いを把握し、セル成型苗栽培で良品生産のための限界定植日を地域・品種を含めて検討する。
成果の内容・特徴
  1. セル成型苗(128穴)と地床苗をともに30日育苗で同時に定植した場合、セル成型苗の収穫日は地床苗に比べて遅れる。収穫の遅れは定植時期により異なるが、約10~30日となる(図1)。定植から収穫までの積算温度は、セル成型苗が地床苗よりも約100℃高く、この値は定植時期の3~4日間の積算温度にほぼ相当する。このためセル成型苗は地床苗より3~4日早く植えることにより、収穫時期が等しくなると推定される。
  2. 異なる地域でのキャベツ‘寒太鼓’の良品生産のための限界定植日を不完全結球が10%を超えるかあるいは、結球葉数が60枚以下になる時期から推定すると、年平均気温13.4℃の神崎町では8月29日、14.2℃の加西市や14.7℃の神戸市西区では9月8日が限界定植日となり、年平均気温1℃の差で7~12日のずれがある(図2、3)。
  3. 同様の方法により、品種特性の違いによる限界定植日は寒玉系晩生‘寒太鼓’に比べ、寒玉系中晩生で低温伸長性に優れた‘彩ひかり’は約4日、寒玉~春中間系中晩生で低温結球性の高い‘エムスリー’は約8日遅れてもよいと考えられる(図4)。

成果の活用面・留意点
  1. セル成型苗と地床苗の比較は定植日を基準にした数字であり、育苗日数を考慮すると播種日は必ずしも早める必要はないが、定植期と同様に早くするのが無難である。
  2. 地域別(裏日本気候)の限界定植日はさらに日照条件、土壌条件を加味する必要がある。

具体的データ
図1
図2
3
図4
予算区分国庫助成(地域基幹)
研究期間1997~1998
研究担当者大西忠男、竹川昌宏
発表論文キャベツ秋冬どり栽培におけるセル成型苗の生育・収量からみた定植限界日、兵庫県農業技術センター研究報告(農業編)、第46号、1998.
発行年度1997
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat