春ネギ坊主不知「晩中太」の定植時期

春ネギ坊主不知「晩中太」の定植時期

タイトル春ネギ坊主不知「晩中太」の定植時期
要約春穫りシロネギ 坊主不知「晩中太」の定植時期は9月下旬が適当である。この時期の定植では収穫時の分けつ数が7~10本程度となり、L規格以上の太ネギが多く、再分けつ発生率も低い。
担当機関鳥取県園芸試験場 西伯分場
連絡先0859-45-4616
区分(部会名)中国農業
専門栽培
研究対象葉菜類
分類指導
背景・ねらい 坊主不知の5月中旬から6月上旬まで収穫できる品種の中心は「ジャンボ」であるが、品質面に問題があり、同時期に収穫できる品質の良い中太系品種が求められている。近年、これに適する品種として鳥取県では「晩中太」の導入が図られているが、この品種の栽培方法については十分検討されていない。そこで「晩中太」の栽培法のうち、定植時期について検討する。
成果の内容・特徴
  1. 9月下旬に定植すると、9月上中旬に定植するより分けつ数が2~3本減少し、再分けつ株率も大幅に低下する(表1)。
  2. 規格別収量では9月下旬の定植は、9月上旬定植より総収量がやや減少するが、商品価値の高いL、2L規格以上の収量が20~40%向上する(図1、2)。これに伴い、出荷調整作業の軽減もはかれる。

成果の活用面・留意点
  1. 鳥取県西部弓浜砂丘地で導入できる。
  2. ほ場の乾湿により株間を調整する必要がある。

具体的データ
表1
図1
予算区分県単
研究期間1996~1996
研究担当者鹿島美彦、田中伸一、野口安男
発表論文なし
発行年度1997
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat