シバ優占放牧草地における不食パッチによる種多様性の維持

シバ優占放牧草地における不食パッチによる種多様性の維持

タイトルシバ優占放牧草地における不食パッチによる種多様性の維持
要約シバ優占の放牧地では、採食地の中に家畜が採食しない草丈の高い場所(不食パッチ)が生じ、秋期に開花する高茎草本の多くはこの中で生存可能となる。種多様性の高い植物群落に導くためには、草地内に不食パッチが出現するような放牧密度で管理するとよい。
担当機関中国農業試験場 畜産部 草地飼料作物研究室
連絡先08548-2-0144
区分(部会名)畜産
区分(部会名)中国農業
専門生態
研究対象野草類
分類研究
背景・ねらい シバ型草地での放牧は、在来草種を利用した省力的な放牧形態として、また自然環境の保全等に配慮した放牧形態として、近年再評価されている。しかし、集約的な放牧利用は、時として群落の種多様性の低下を招き、自然保護の観点から問題を生じることが少なくない。そこで、放牧草地に特徴的な植生構造と種組成の関係に注目し、より種多様性の高いシバ型草地を目標とする管理形態を検討した。
成果の内容・特徴
  1. 毎年1回冬期に刈払いを行ない、黒毛和種成雌牛を約1頭/haの密度で連続放牧しているシバ型の野草地では、6月頃に草丈の低い採食地の中に草丈30cm以上の場所(不食パッチ)が点々と形成される。パッチの成因は、有刺植物や糞およびそれらの周囲を牛が採食しないためである。8月にはパッチの面積が全体のおよそ20%を占め、その後は秋期までパッチの位置および面積はほとんど変化しない(図1)。
  2. 丈の高いパッチの中には、丈の低い採食場所には出現しない高茎草本が生育しており、草地全体の種多様性を高めている。秋期の1㎡当たり平均出現種数は、採食地で12.4種(最小7、最大22種)、不食パッチで18.1種(最小11、最大24種)である(表1)。
  3. 秋咲きの草本の多くは、不食パッチで密度が高く、開花・結実も順調に行なわれる(表2)。調査対象種のうち、センブリ一種のみはパッチに分布せず、草丈の低い場所(採食地)にのみ分布していた。
  4. 採食地で種組成が単純化しやすいシバ型放牧地において、種多様性を向上させるためには、不食パッチの存在が不可欠であり、種多様性の高い植物群落を目標とすれば、草地内に不食パッチが残るように、放牧密度を高めすぎないことが必要である。
成果の活用面・留意点
  1. 多種類の在来植物が生活史を完結する条件を整備し、多様性の高い放牧地を造成・維持する上での基礎的知見として活用できる。
  2. 不食地の刈払いを行なう際には、草本植物の開花・結実時期を避けるか、全面刈りをせずに部分的に不食地を残す等の配慮を必要とする。
具体的データ
図1
表1
表2
予算区分経常
研究期間1998~1999
研究担当者 内藤和明、井出保行、高橋佳孝、佐藤節郎、周 進、齋藤誠司
発表論文放牧地におけるパッチ構造と群落の多様性維持、第46回日本生態学会大会講演要旨集、253、1999.
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat