冷夏長雨年のナシ「幸水」の果実肥大率低下指標による品質と花芽着生率の早期診断

冷夏長雨年のナシ「幸水」の果実肥大率低下指標による品質と花芽着生率の早期診断

タイトル冷夏長雨年のナシ「幸水」の果実肥大率低下指標による品質と花芽着生率の早期診断
要約多雨寡日照によるナシ「幸水」の果実品質と花芽着生率の低下は、果実肥大率の推移による診断が適する。その指標は当年の満開後60日目からの果実肥大率が、平年との差で-8%に達したときである。
担当機関広島県立農業技術センター 果樹研究所 落葉果樹研究室
連絡先0846-45-1225
区分(部会名)果樹
区分(部会名)中国農業
専門栽培
研究対象果樹類
分類指導
背景・ねらいナシ「幸水」は、夏期の多雨寡日照により果実品質が低下し、価格が低迷する。また、花芽着生率の低下が起こり、翌年の生産が不安定となる。しかし、この被害を最小限にするための早期診断指標は明らかにされていない。そこで、土壌の多湿および寡日照条件による葉色、新梢の発育、果実肥大率の低下程度と果実品質および花芽着生率との関係を解明し、当年と平年との果実肥大率の差を利用した診断指標を作成する。
成果の内容・特徴
  1. 土壌の多湿と寡日照条件による樹体の反応は、葉色や新梢の発育よりも果実肥大に及ぼす影響が大きい。この果実肥大の推移は、園内から代表樹を3樹選び、1樹当り10果合計30果をノギスによって簡便に測定できるので、現場の診断指標として適する。
  2. 冷夏長雨年(1993年)のナシ「幸水」に発生した果実品質と花芽着生率の低下(平年に比べて果実重が最大11%、果実糖度が1.5%、新梢の腋花芽の着生率が38%低下)は、遮光率75%(棚面の照度14000lx以下)でみられる(表1)
  3. ナシ「幸水」に満開後60日目から75%遮光条件(棚面の照度19000lx以下)を14日以上与えると、果実肥大率が10%以上低下し、無遮光に比べて果実重が12%以上、果実糖度が0.2%以上、腋花芽着生率が28%以上低下する(表2)。この条件により1993年のナシ「幸水」に発生した果実品質および花芽着生率の低下を再現できる。
  4. 診断年と平年との果実肥大率の差を用いた計算式により、冷夏長雨年と平常年をそれぞれ2年ずつ診断すると、冷夏長雨年には一部の園地を除き、10%以上の果実肥大率の低下がみられるので、被害の早期診断指標として利用できる(表3)。
  5. 以上のことから、冷夏長雨年に対するナシ「幸水」の果実品質と花芽着生率の低下防止のための早期診断指標は、診断年の満開後60日目からの果実肥大率が平年との差で-8%に達したときである。
成果の活用面・留意点計算の基礎データとなる平年値の精度を高めるためには、毎年満開日を記録し、基準日となる満開後60日目並びに比較日となる70、80、90日目に必ず果実横径を測定する。
具体的データ
表1
表2
表3
予算区分地域重要新技術
研究期間1998~2000
研究担当者加納徹治、今井俊治、中元勝彦
発表論文なし
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat