毛管水耕栽培による葉ネギの品質向上技術

毛管水耕栽培による葉ネギの品質向上技術

タイトル毛管水耕栽培による葉ネギの品質向上技術
要約毛管水耕は、湛液水耕に比べて葉ネギの品質が向上できる。水分制御は、草丈20~30cmの時期から、湛液槽水位を根面から1~2cm下げて行い、給液を60~120分間隔にすると葉色が濃く、葉先枯れの発生を少なくできる。
担当機関和歌山県農林水産総合技術センター 農業試験場 栽培部
連絡先0736-64-2300
区分(部会名)中国農業
専門栽培
研究対象葉茎菜類
分類指導
背景・ねらい 軟弱野菜の養液栽培は、そのほとんどが湛液水耕方式であり、土耕栽培に比べて品質が劣る等の問題がある。特に、葉ネギについては、葉色が淡い、葉が軟弱、日持ちが悪い等から市場価格が低迷している。そこで、葉ネギの高品質化のために、水分制御が可能な毛管水耕方式について栽培方法を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 毛管水耕装置は、市販の花きカーネーション用を一部改良し、中央湛液槽上面の空き面積を少なくして栽植本数を増加させ、ベッドを水平にして生育を揃える。生育途中から湛液槽水位を下げ水分を制御する(図1)。
  2. 7月まき栽培で、湛液槽水位を-1~-2cmにすると、生育が湛液水耕に比べてやや遅れるが、葉色が濃く品質の向上がみられ、葉先枯れも少なくなる。また、収穫後の重量減少、葉先の黄化は、毛管水耕が湛液水耕に比べて少なく日持ち性が向上する(表1)。
  3. 水位低下開始時期が草丈20~40cmの範囲では、葉ネギの生育、品質は差が小さい。生育後半の葉先枯れは、水位低下を草丈20~30cmから開始すると湛液水耕と同程度に少なくなる(表2)。
  4. 培養液の供給を60分~120分間隔に15分とすると、生育の抑制、葉先枯れの発生を少なくできる(表3)。

成果の活用面・留意点
  1. 湛液水耕に比べて、葉ネギの品質が向上し市場での高単価が期待できる。また、土耕栽培に比べて年間の作付が5作と多く、養液栽培における経営安定が期待できる。
  2. 生育を揃えるために、栽培ベッドの水平には特に注意する。
具体的データ
図1
表1
表2
表3
予算区分県単
研究期間1996~1998
研究担当者 森下年起、神藤 宏、平田 滋
発表論文毛管水耕における湛液水位の低下が葉ネギの生育・品質に及ぼす影響、園芸学会近畿支部大会要旨、17、1997.
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat