摘心による灰色かび病の防除

摘心による灰色かび病の防除

タイトル摘心による灰色かび病の防除
要約自然仕立て園において、冬季に発生する灰色かび病による枝条の枯死は、秋期の生育停止期以降に摘心することにより防ぐことが出来る。
担当機関京都府立茶業研究所 栽培課
連絡先0774-22-5577
区分(部会名)中国農業
分類普及
背景・ねらい 自然仕立て園において、冬から春にかけて発生する枝条の枯死は、凍害を受けた葉や枝の傷口などから灰色かび病菌が感染することに起因しており、自然仕立て園で重要な病害である。この枝条枯死を防ぐため、摘心による防除効果を検討した。
成果の内容・特徴
  1. 薬剤処理による防除効果は、防除率25.3%と低い(図1)。
  2. 摘心による防除効果は、摘採機で摘心を行っただけでは、摘心できない芽が残るため、防除率45.7%と低い(図1)。
  3. 剪定ばさみを用いて秋期の生育停止期以降に、枝条を1心3葉の位置で摘心することによって、防除率は1997年度94.3%(図1)、1998年度84.5%(表1)と安定しており、防除効果が高い。
成果の活用面・留意点
  1. 灰色かび病による枯死は、発病枝率が低い場合は収量に与える影響が少ないので、摘心する必要はない(表1)。
  2. 摘心することにより、‘あさひ’、‘こまかげ’など頂芽優勢の品種では腋芽が充実し芽揃いがよくなり品質が向上する。

具体的データ
図1
表1
予算区分府単
研究期間1998~1999
研究担当者工藤康將、上辻久利、藤原敏郎、福永晃士
発表論文自然仕立て園における灰色かび病の被害解析、茶業研究報告、第88号(別冊)、54-55、1999.
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat