集落排水に由来する濃縮汚泥の水稲への利用技術

集落排水に由来する濃縮汚泥の水稲への利用技術

タイトル集落排水に由来する濃縮汚泥の水稲への利用技術
要約生石灰処理濃縮汚泥を基肥として10a当たり8m3 (全Nで7kg程度)施用し、葉色診断に基づいた穂肥(化成肥料)を施用すれば水稲の収量・品質は確保できる。なお、土中汚泥注入機の利用で環境に配慮した施用ができる。
担当機関広島県立農業技術センター 環境研究部
連絡先0824-29-0521
区分(部会名)中国農業
分類研究
背景・ねらい 農業集落排水処理施設から排出される濃縮汚泥を有効利用し、地域資源のリサイクルを図るため、土中汚泥注入機による水稲(コシヒカリ)への安全で効果的な施用法を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 集落排水処理場から発生する濃縮汚泥は、水分約98%の液状で、窒素、燐酸に比べて加里含量が少ない(表1)。この濃縮汚泥は、生石灰0.5(W/V)%添加によって、pHが12以上になり、3日目以降大腸菌群を検出限界以下に抑制し、窒素が約20%減少する。したがって、汚泥に生石灰添加後3日目から利用すれば肥料として公衆衛生上問題なく利用できる(表2)。
  2. 水稲‘コシヒカリ’では、秋と春の合計2回汚泥施用(8m3 /10a/年)に加えて、葉色診断から判定した穂肥1.7kgN/10a(化成肥料)の施用で化成肥料を用いた慣行栽培と同等の生産が可能である(表3)。
  3. 基肥代替として、秋と春の合計2回汚泥施用(8m3 /10a/年)を2年間続けても、土壌の亜鉛含量の増加は1.7mg/kgと小さかった(表3)。また、玄米に重金属(Cd、Hg、Zn)の集積は認められない(データ省略)。
  4. 湿地ブルドーザーを改良した土中汚泥注入機(広島県農業開発公社開発)は、濃縮汚泥を搭載し、走行しながら土壌深10~20cmの位置で30cm間隔にリッパーを通して注入する。したがって、汚泥を見せず、臭わせない施用が可能である。
成果の活用面・留意点
  1. 濃縮汚泥に含まれる重金属含量を確認する必要がある。
  2. 土壌の加里含量が低下する場合は加里肥料を加える。また、土壌の無機成分(重金属を含む)の測定を数年単位で行う必要がある。

具体的データ
表1
表2
表3
予算区分県単
研究期間1998~1999
研究担当者伊藤純樹、松浦謙吉、中澤征三郎
発表論文なし
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat