水稲品種「宮崎もち」の穂いもち圃場抵抗性の遺伝解析

水稲品種「宮崎もち」の穂いもち圃場抵抗性の遺伝解析

タイトル水稲品種「宮崎もち」の穂いもち圃場抵抗性の遺伝解析
要約 水稲品種「宮崎もち」の穂いもち圃場抵抗性には第11染色体に座乗する2個のQTL(量的形質遺伝子座)が関与している。
キーワードイネ、水稲「宮崎もち」、穂いもち圃場抵抗性、QTL解析機
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 中央農業総合研究センター 病害防除部 糸状菌病害研究室
連絡先029-838-8940 / skoizumi@affrc.go.jp / skoizumi@affrc.go.jp
区分(部会名)共通基盤
区分(部会名)作物
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類科学、参考
背景・ねらい
イネ品種の穂いもち圃場抵抗性に関与する遺伝子については、不明な点が多い。そこで、「オトメモチ」と「トドロキワセ」を交配して育成された水稲品種「宮崎もち」が有する強穂いもち圃場抵抗性の遺伝子解析を行い、抵抗性品種育成の効率化を図る。
成果の内容・特徴1.
水稲品種「宮崎もち」は穂いもちに対し、「トヨニシキ」同等かそれ以上の強圃場抵 抗性を有する (図1)。
2.
「宮崎もち」と穂いもち圃場抵抗性弱水稲品種「び系22号」の交配後代のF6系統を 用いQTL解析したところ、本圃場抵抗性に関与する第11染色体上に座乗する2個のQTL(量的形質遺伝子座)が見出される(図2、図3)。
3.
AFLPマーカーAFatg/attの近傍に座乗するQTLの作用力が最も強く、このQTLの表現 型分散中の寄与率は28.0%である(表1)。
成果の活用面・留意点1.
いもち病抵抗性イネ品種のDNAマーカーを用いた効率的育成の基礎として活用できる。
2.
いもち病圃場抵抗性に関与する既知の遺伝子との関係は検討していない。
具体的データ
図1
図2
図3
表1
予算区分ブランドニッポン5系
研究期間2003~2005
研究担当者小泉信三、ラ、トァン、ニャ、宮坂 篤、安田伸子、井上伊織、善林 薫(東北農研セ)、芦澤武人(東北農研セ)
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat