稲作経営のための商品在庫管理支援ツール「商品在庫管理表」

稲作経営のための商品在庫管理支援ツール「商品在庫管理表」

タイトル稲作経営のための商品在庫管理支援ツール「商品在庫管理表」
要約 「商品在庫管理表」は、米を通年販売する稲作経営が販売・仕入計画の策定や変更、販売・仕入実績の入力等を行うことによって、後に商品在庫がどれくらい過不足になるか推定するツールであり、在庫処分や仕入れの増加などの意思決定を支援できる。
キーワードマーケティング管理、在庫管理、稲作経営、米
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 中央農業総合研究センター 北陸総合研究部 農業経営研究室
連絡先025-526-3231 / jsameft@affrc.go.jp / jsameft@affrc.go.jp
区分(部会名)共通基盤
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、参考
背景・ねらい
米を自力で通年販売している大規模稲作経営では、適切に商品在庫管理を行うことが重要であり、そのためにパソコンを利用することが有効である。しかし、市販のソフトウェアは調達期間が短い一般の小売店等を対象とした設計がなされており、米生産が1年1作であるという調達期間が長い稲作経営の特徴は反映されていない。そこで、これらの特徴を考慮し、稲作経営の商品在庫管理支援ツール「商品在庫管理表」を開発する。
成果の内容・特徴1.
「商品在庫管理表」は、1カ月を単位として稲作経営の販売・在庫量を管理するためのツールである。その主な目的は、商品在庫の過不足を的確に察知することにある。本ツールは、販売計画の策定において、過去の実績などから既存の販売先ごとに1年分の販売量をユーザーが推測し、これを「見込在庫」として設定することによって、必要な在庫を確保することを基本としている。そして、この販売計画と販売実績から、商品在庫の過不足を推定する。
2.
2)。利用に当たっては、月別・取引先別の[1]販売・仕入計画の作成、[2]販売・仕入実績の入力、[3](必要に応じて)販売・仕入計画の変更、という手順を踏む。
3.
図3)。ただし、これらの集計値は、各販売先の数値の合計であるため、実態に沿った予測につながるためには、各販売先で当初の計画と実績に開きがある場合、年度途中で当初の計画を変更する作業[3]を適切に実行することが必要である。
4.
この適用を例にすれば、ユーザーはこれらの情報に基づいて、12月以降の仕入れ量を増やすか、あるいは販売を抑制する対策などを念頭に、総販売量と取扱在庫総量が一致するように品目b1全体の計画を再度見直すことが重要である。
成果の活用面・留意点1.
本ツールのユーザーは、販売量が多く、通年販売を行い、商品在庫の量的管理が重要な局面にある稲作経営である。
2.
本ツールには、新規の販路開拓の可能性も考慮した在庫を見込在庫とは別に設定できる仕組みもある。
3.
本ツールは、ユーザーの使用環境に応じてシートの大きさや関数などをカスタマイズする必要があるため、試験的配布は可能である。
予算区分交付金
研究期間2002~2004
研究担当者齋藤仁藏
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat