JA有機栽培部会員が部会内新規参入者に与えるサポートの多重性

JA有機栽培部会員が部会内新規参入者に与えるサポートの多重性

タイトルJA有機栽培部会員が部会内新規参入者に与えるサポートの多重性
要約 有機農業という共通の価値観で結びついたJA有機栽培部会の部会員は、新規参入者に対して、技術や販路面だけでなく、生活面や精神的なサポートなども与えている。また、参入者自身が次の参入者をサポートすることにより継続的支援が可能になる。
キーワード
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 中央農業総合研究センター 経営計画部 地域営農研究室
連絡先029-838-8852 / jhara@affrc.go.jp / jhara@affrc.go.jp
区分(部会名)共通基盤
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類行政、参考
背景・ねらい
非農家出身の農業への新規参入者には、有機農業を志向する者が少なくない。しかし、有機栽培技術の未確立による支援の困難や、従来の農業組織内に包摂されづらい経営形態などの要因により、就農相談センターや普及センターによる支援では十分対応できず、組織的な受け入れ体制の構築が遅れている。また、就農しても社会的に孤立する事例が指摘されてきた。従って、有機農業への新規参入者を多面的に支援する方策の提案が必要である。そこで、有機農業を志す新規参入者が多数定着しているY町を事例に、参入定着にあたってのサポートを誰から得ているのか、実態を明らかにする。
成果の内容・特徴1.
Y町JAでは、生協との産消提携を契機として1997年に地元農家と新規参入農家とで組織された有機栽培部会が、有機農業新規参入者の受け入れ組織として位置付いている。JAが実施している就農研修(農場・農機具等の貸与、資金の貸与等)の修了生が部会員となる他、それ以外の新規参入者も部会員として受け入れている。
2.
表1)。
3.
表2)。
4.
表4)。
成果の活用面・留意点1.
すでに地域に定着している新規参入者を、新たな新規参入者受け入れ支援の担い手として活用する方策を探る上での参考となる。
予算区分(交付金)
研究期間2002~2004
研究担当者原 珠里
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat