ホソヘリカメムシの合成フェロモン剤の誘引性を増強する新規2成分

ホソヘリカメムシの合成フェロモン剤の誘引性を増強する新規2成分

タイトルホソヘリカメムシの合成フェロモン剤の誘引性を増強する新規2成分
要約 ホソヘリカメムシの集合フェロモン成分として3成分が報告されているが、既知3成分もしくはその主成分tetradecyl isobutyrateに新規成分octadecyl isobutyrateまたは(E)-2-hexenyl hexanoateを混合すると雌雄成虫に対する誘引性が増強される。
キーワード集合フェロモン、ホソヘリカメムシ、octadecyl isobutyrate、(E)-2-hexenyl hexanoate
担当機関(独)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター 総合的害虫管理研究チーム
連絡先029-838-8939 / narc-seika@naro.affrc.go.jp / narc-seika@naro.affrc.go.jp
区分(部会名)共通基盤
分類研究、参考
背景・ねらい ホソヘリカメムシは大豆などを加害する難防除害虫である。本種の雄成虫には雌雄成虫や幼虫が誘引される。雄成虫より放出される誘引性の集合フェロモン成分としてtetradecyl isobutyrate (14:iBu)、(E)-2-hexenyl (E)-2-hexenoateおよび(E)-2-hexenyl (Z)-3-hexenoateの3成分が報告されている(Leal et al., 1995)。上記3成分からなる合成フェロモン剤が市販されているが、本剤の誘引性を高めることができれば本種の発生消長を的確に把握できる。
 そこでホソヘリカメムシ雄成虫から放出される揮発性成分の再検討を行い、合成フェロモン剤の誘引性に及ぼす新規成分の効果を検討する。
成果の内容・特徴
  1. ホソヘリカメムシ雄成虫は既知3成分、防御物質あるいは警報フェロモンと考えられている(E)-2-hexenal、(E)-2-hexenyl hexanoate (E2-6:Hx)の2成分の他に、octadecyl isobutyrate (18:iBu)を放出している(図1)。
  2. 既知3成分あるいはその主成分(14:iBu)に18:iBuを混合すると、それぞれの組み合わせにおいて雌雄成虫に対する誘引性が増強される(図2、3)。
  3. 本種の警報フェロモンとして報告されていたE2-6:Hxを主成分(14:iBu)と混合すると、主成分単独よりも雌雄成虫に対する誘引性が増強される(図4)。
成果の活用面・留意点
  1. 合成フェロモン剤の誘引力を高めることにより、ホソヘリカメムシの高精度発生予察が可能となる。
  2. 既知3成分および18:iBuは雄成虫のみから放出されるが、E2-6:Hxは雄成虫だけではなく雌成虫からも放出される。これはホソヘリカメムシの集合形成において、雄成虫のみならず、誘引されてきた雌成虫も二次的に誘引性に影響している可能性を示している。
具体的データ
図2.ホソヘリカメムシ集合フェロモン既知3成分の誘引性を高める18:iBu
図4 . ホソヘリカメムシ集合フェロモン主成分の誘引性を高めるE2-6:Hx
予算区分基盤研究費
研究期間2004~2006
研究担当者安田哲也、伊藤健二、遠藤信幸(九州沖縄農研)、佐々木力也(富士フレーバー(株))、山口卓宏、守屋成一、松山隆志(沖縄農研セ)、水谷信夫、福田健(鹿児島農総セ)、本田善之(山口農試)
発表論文Yasuda et al. (2007a) Appl. Entomol. Zool. 42(1): 1-7.Yasuda et al. (2007b) Appl. Entomol. Zool. 42(1): 161-166.
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat