レンゲ毛状根を利用したダイズシストセンチュウ無菌培養法

レンゲ毛状根を利用したダイズシストセンチュウ無菌培養法

タイトルレンゲ毛状根を利用したダイズシストセンチュウ無菌培養法
要約 レンゲ毛状根を利用して、ダイズシストセンチュウ(SCN)を無菌培養する方法を開発した。RM培地に生育させたレンゲ毛状根に、表面殺菌したSCN2期幼虫を約150頭接種する。約3週間後、充実した卵嚢を形成している雌成虫を新しい毛状根培地に移植し、継代を行う。
担当機関北海道農業試験場 生産環境部 線虫研究室
連絡先011-857-9247
区分(部会名)北海道農業
専門作物虫害
研究対象豆類
分類研究
背景・ねらい in vitro系において植物寄生性線虫の基礎実験系を構築していくには、無菌線虫の利用が必要不可欠となっている。しかしながら、シストセンチュウにおいては、以前から二者培養法について種々検討されてきてはいるが、培養技術として具体的な情報を提供できるまでに至っていない。そこで、より簡便で効率化を目指すために培養基として毛状根を選び、無菌シストセンチュウを安定的に供給する方法を開発する。
成果の内容・特徴<培養の方法>
 Agrobacterium rhizogenes(MAFF 02-10265)を感染させ、形質転換して得たレンゲ毛状根を等濃度のRoot-culture-medium(RM培地)で継代・培養する。このレンゲ毛状根培地にメトキシエチル塩化水銀420ppm.20min.で表面殺菌したSCN2期幼虫約150頭/9cmシャーレを接種する。約3週間後に充実した卵嚢を産生している雌成虫1頭または2頭を新しいレンゲ毛状根培地に移植していくことによって、継代を行う(第1表,第1図)。
<本法の特徴>
  1.  レンゲ毛状根によるSCN培養には、寄生率、生育所要日数等において大豆毛状根よりも優れている(第2表)。

  2.  レンゲ毛状根は、光を良く透過し、根内組織内に侵入寄生したSCN幼虫の観察が容易である(第2図)。
成果の活用面・留意点
  1.  本法により増殖したSCNの感受性大豆品種に対する寄生性に変化はない。
  2.  本法は、単にSCNの増殖に限らず、ステージ別発育速度の調査等多くの生態研究にも利用できる。
具体的データ
第1表
第1図
(第2表)
(第2図)
予算区分経常
研究期間1994~1994
発表論文レンゲ毛状根によるダイズシストセンチュウの培養,応動昆北海道支部会講要,1995.
発行年度1994
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat