ジャガイモそうか病菌に対する野草 Geranium

ジャガイモそうか病菌に対する野草 Geranium

タイトルジャガイモそうか病菌に対する野草 Geranium
要約 野草のGeranium pratenseはジャガイモそうか病菌(Streptom yces scabies)に対する抗菌性物質 geraniin を根中に大量に含有し、ポットの土壌にこの植物の根を添加するとジャガイモそうか病の発病が低下する。
担当機関北海道農業試験場 草地部 草地地力研究室
北海道農業試験場 畑作研究センター ばれいしょ育種研究室
区分(部会名)北海道農業
専門薬剤
研究対象野草類
分類研究
背景・ねらい 
 バレイショの重要な土壌病害であるジャガイモそうか病に対する現在の防除技術は、効果が不十分で安定性に欠く。一方、植物の中には特殊な化学物質をその体内に含有するものがあり、土壌に供給することにより、他の植物あるいは土壌微生物に影響を与えることが知られている。そこでジャガイモそうか病菌に対し抗菌性を示す植物を検索し、その植物に含有される抗菌物質の分離同定を試みる。
成果の内容・特徴
    1.多数の牧・野草についてジャガイモそうか病菌に対する抗菌作用を調査した結果、G. pratense(図1)が強い抗菌性を示す。
    2.病土を入れたポットに G. pratense とバレイショを混植すると、G. pratense密度が高いほどジャガイモそうか病の発病は低下する。G. pratense根あるいは根の抽出物をポットの土壌に添加すると、ジャガイモそうか病の発病が低下する(図2)。
    3.G. pratense に含有される抗菌物質の主成分は geraniin(図3)である。この物質は根の乾物重の約15%と多量に含有され、抗菌活性は streptom ycin約 1/80で植物起源としては比較的強い(図4)。
成果の活用面・留意点1.植物由来抗菌物質 geraniin から新規殺菌剤開発の可能性がある。
具体的データ
(図1)
(図2)
(図3)
(図4)
予算区分経常
研究期間1994~1995
発表論文フロウソウ属植物を利用したジャガイモそうか病の生態的制御の可能性、日本土壌肥料学会講演要旨集弟41集、1995Geranium pratense に含まれるジャガイモそうか病菌(Streptom yces scabies)に対する抗菌性物質、日本土壌肥料学会講演要旨集弟41集、1995
発行年度1995
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat