極良品質の2倍性ばれいしょ系統「島系575号」

極良品質の2倍性ばれいしょ系統「島系575号」

タイトル極良品質の2倍性ばれいしょ系統「島系575号」
要約早生・やや小粒の2倍体ばれいしょである。カロチノイドを含む橙黄肉色でナッツ風味をもち、調理適性が優れる。低温貯蔵下で庶糖が7%まで増加して甘くなり、デザート用としても注目されている。種苗登録を行い、新たな需要の開拓のための試験を継続する。
担当機関北海道農業試験場 畑作研究センター ばれいしょ育種研究室
連絡先0155(62)9272
区分(部会名)作物
区分(部会名)北海道農業
専門育種
研究対象いも類
分類研究
背景・ねらい南米のアンデスで現在も栽培されている2倍体ばれいしょの中には、良品質でナッツ風味をもち、デザート向け等の新しい需要を拓く可能性を有するものが少なくない。これらのばれいしょを素材として、北海道の夏作向けの品種を育成し、ばれいしょの用途を拡大する目的で研究を実施した。
成果の内容・特徴
    (1) 少収量、小粒、ごく短休眠の2倍体ばれいしょを、早生、短茎、いも着密、良形、や や高でん粉に改良し、北海道での実用栽培が可能とした(表1)。
    (2) 調理特性は極めて良い(表2)。食味は「栗(ナッツ)のよう」と評価するテスターが多く、今までのばれいしょとは別の風味である。
    (3) 長期低温貯蔵すると庶糖が7%まで増加し、甘味が強くデザート原料に適する。実需 者の評価も良い。
    (表3)
成果の活用面・留意点 栽培は本系統の特性を活用した密植栽培とし、利用に当たってはデザート向け等調理特性に適した新需要の開拓につとめる。
 交配母本として用いる。
具体的データ
(表1)
(表2)
(表3)
予算区分新需要
研究期間1996~1996
発表論文「2倍性ばれいしょ「島系575号」の育成とユーザー評価」育・作学会北海道談話会会報37.122-123 1996
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat