たまねぎ新品種候補「月交18号」

たまねぎ新品種候補「月交18号」

タイトルたまねぎ新品種候補「月交18号」
要約 「月交18号」は、従来の春播きF1品種よりも辛味が弱く、球硬度が低く、かつ従来の春播き品種と同等の高貯蔵性を有するF1品種候補である。
担当機関北海道農業試験場 作物開発部 上席研究官,野菜花き研究室
連絡先011-857-9306
区分(部会名)北海道農業
区分(部会名)作物
専門育種
研究対象葉茎菜類
分類普及
背景・ねらい 北海道の春播きたまねぎの品質は都府県の秋播き品種と比較すると、硬質で辛味が強い。これらは必ずしも不利な特徴ではないが、近年のF1品種ではその傾向が強く、用途によっては食味の低下が指摘されている。そこで本研究では、秋播き品種に近い品質を備え、かつ従来の春播き品種と同等の高い貯蔵性を有するF1品種を育成しようとした。
成果の内容・特徴
    ①「月交18号」は、北海道の春播き栽培に適応し、従来の春播きF1品種よりも辛味が弱くて軟らかい球品質を備え、かつ従来の春播き品種なみの高貯蔵性を有するF1品種である。同品種の花粉親「CS3-12」は、新潟県園芸試験場育成の秋播き品種「長生」の自殖後代より選抜育成したもので、りん葉が厚く、辛味が弱く、適度な球硬度と高い貯蔵性を持ち、春播き品種なみの早晩性を示す。種子親は米国USDAから導入した「2935A」である。
    ②球形は「ツキヒカリ」よりも偏平である。球の硬さは「ツキヒカリ」よりも15%程度軟らかい(表1、図1)。りん葉は「ツキヒカリ」よりも15~25%厚い。辛味の強さの指標となるピルビン酸生成量(EFPA)は「ツキヒカリ」よりも15%程度低い。食味は「ツキヒカリ」より辛味が少なく、甘味が強く、軟らかい(図2)。
    ③貯蔵中の腐敗は「ツキヒカリ」と同等に少ない。貯蔵中の萌芽が遅く、茎盤突出が少ないので、貯蔵末期(4月)における健全率は「ツキヒカリ」と同等に高い(表1、図1)。
    ④肥大・倒伏・枯葉期は「ツキヒカリ」とほぼ同等である(表1)。球肥大が良好で平均球重は「ツキヒカリ」を10~20%上回る(表1)。
成果の活用面・留意点①用  途:秋期から春期にわたる長期間出荷のサラダ用及び半調理用
②適応作型:春播き露地移植栽培
③適応地域:北海道のたまねぎ栽培地帯
④その他:変形球及び裂皮球が発生しやすいので、根切り処理による枯葉の促進が必要である。
・平成8年度北海道農業試験会議成績会議における課題名及び区分
 課題名:タマネギ新品種候補「月交18号」-(普及奨励)
具体的データ
表1
図1
予算区分経常
研究期間1996~2003
発表論文春播きタマネギの食味・貯蔵性の品種間差異と育種による改良、園芸学会雑誌、
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat